ニューストピックス

一覧に戻る

労働問題
人事労務管理
人事管理

契約社員と正社員の違いとは?雇用する際の注意点をご紹介

2018年10月31日

契約社員と正社員という区分は、企業にいるとよく見られます。ただ、実際にはそれぞれにどのような違いがあるのか、しっかりと理解できている人は多くありません。ここでは、契約社員と正社員の違いについてご紹介したいと思います。

この記事を詳しく見る

永森延和 社会保険労務士によるコメント

永森延和
正社員と契約社員は期間の定めがあるかないかの違い、と理解されている方も多いと思いますが、果たしてそれだけでしょうか? 特に正社員と無期雇用の契約社員との違いは分かりにくいものです。 しかし一般的には正社員には契約社員と比べ業務上の責任は重く、また会社の規模にもよりますが転勤や異動の辞令にも従わなくてはなりません。さらに正社員の方が残業も多くなりがちで、求められる成果も契約社員よりは高いと思われます。その分、安定した雇用が期待でき、また昇給も期待できるのが正社員ではないでしょうか? 働き方改革など労働環境の動きが激しいため必ずしも上記が当てはまらないケースも出てきているとは思いますが、参考にしてください。