ニューストピックス

一覧に戻る

会社設立
会社・法人登記
コンサルティング
会社設立・支援

株式会社と合同会社の違いって?会社を作るならどっちがいい?

2018年12月19日

会社を作るなら「株式会社」と「合同会社」のどちらがいいのでしょうか?それぞれの特徴や違い、メリット・デメリットを正しく知って、理想の形の会社設立をめざしましょう。

この記事を詳しく見る

山栄大幸 社会保険労務士によるコメント

山栄大幸
株式会社は、商法により代表取締役-取締役-監査役と言った役員が名簿に登載されているので、変更登記を行う場合においては、臨時株主総会の議事録を作成及び添付する事が手続き上、必要ですが、合同会社は、代表社員と業務執行社員と社員の構成となりますので、変更登記を行う場合においては、同意書を作成する流れとなり、更に増資変更登記を行う場合においては、「業務執行社員全員の一致を得たので,この決定書を作成し,各社員が記名押印する。」と言った決定書の添付も必要となります。 合同会社と比較して、株式会社の増資変更登記は、株主持分割合を重要視致しますので、 臨時株主総会議事録の他に、「資本金の額の計上に関する証明書」や「払込のあったことを証する書面」の他に「総議決権数の割合の証明書」や募集株式申込証と言った多くの書類が必要となります。 行政官庁に許認可申請を行なう場合においては、定款と履歴事項証明書と役員の履歴書それに貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書、更には法人税確定申告書と納税証明書と共通の添付書類となります。 会計処理上においては、合同会社の貸借対照表においては、借方では「事業主貸」と言った勘定科目が、貸方では「事業主借」と言った勘定科目が見られる点が多いのが、株式会社との違いになります。 資金調達面においては、総資産に対する資本金や利益剰余金の率と言った自己資本比率を見れば、個人事業主よりも有利と言った点は、株式会社も合同会社も共通と言えます。 税法上は法人実在説の立場により、法人税の他に地方法人税の均等割の支払いが発生すると言った点では、株式会社も合同会社も共通になります。