注力分野

  • 1助成金・補助金

    【企業の皆様に代わり助成金申請を行います】 助成金とは、国家政策を実現するために支給されるものです。 返済する必要のないお金ですので、企業経営に大きなメリットとなります。 <どんな会社がもらえるの?> 助成金は国の制度によるものなので、支給を受けるためにはそれぞれ要件がああります。 1. 労働保険の適用事業所であること 2. 労働保険料の滞納がないこと 3. 就業規則、労働者名簿、賃金台帳など、法律で作成が義務づけられている帳簿を備えていること 4. 事前に計画の作成、提出等の手続きを行うこと など。 多くの助成金から企業経営を支える助成金活用をアドバイスします。 専任スタッフによる迅速かつ丁寧な対応を心掛けておりますので、 お気軽にお問い合わせ・ご相談ください! また、貴社でご利用いただける助成金の診断サービスもございます。 http://joseikin-mie.com/shindan

  • 2就業規則

    【トラブルを未然に防ぐ会社づくりをご支援しています】 <そもそも就業規則とは何か?> 就業規則とは、企業と従業員で取り決めた「ルールブック」のことです。 従業員にどのように働いてもらいたいかを決め、その決まりを従業員に伝えるためのものです。   <就業規則の作成・届出> 労働基準法により、常時10人以上の労働者を使用する場合は、 就業規則を作成し、労働基準監督署へ届け出るよう義務付けられています。 では、10人未満の場合は義務がないので作成しなくてもよいのか? いいえ!そうとは言えません!! 労働者を1人でも使用するということは、 労働時間、労働日、給料、定年など、実に多くのことを決めなければならず、 これを決めずに働かせれば、労働者が不満に思ったり、トラブルとなる可能性があるからです。 トラブルを未然に防いだり、労働者の労働条件を整理する上でも、 就業規則の作成や整備は有意義なものです。

  • 3人事労務管理

    【問題事項の「見える化」でわかりやすく!】 問題事項とそのリスクから、 どうしなければいけないのかをしっかりと「見える化」してお客様へお伝えし、 お客様にも十分ご理解いただき、納得した上でともに改善に取り組みます。 是正勧告や労使トラブルが起こってからでは遅すぎます! トラブルを未然に防ぐ方法はたくさんあります。 就業規則の見直しを中心に、お客様に的確でわかりやすいサポートをご提供いたします。

  • 4年金

    【障害年金に特化したサポート体制】 <障害年金とは何か?> 障害年金とは「国民年金」「厚生年金」「共済年金」に加入されている方、 全てが対象となる、公的年金の1つです。 ケガや病気が原因となり障害を負ったことで、 日常生活を送るうえで、働くうえで、支障や困難がある人に支払われるものです。 たとえば肢体不自由、視覚障害・聴覚障害などの障害だけではなく、 がんや糖尿病、高血圧、うつ等の精神疾患などで長期療養が必要になり、 仕事や日常生活を送ることが困難になったときなども受給の対象となります。 <障害年金を受給するには?> 「国民年金・厚生年金・共済年金」に加入しているからといって、 申請したらもらえるわけではなく、実は書類が受理されても不支給となることも少なくありません。 なぜなら申請するにあたっての基準や必要書類など、 細かい規定があり、とても複雑な申請だからです。 まずはじめの申請時にしっかりと準備をし、備えておくことが大切です! 詳しくは下記をご覧ください。 http://www.shougai-mie.com/

  • 5給与計算

    【社会保険などの知識豊富な社労士におまかせください】 給与計算は企業には必ず必要かつ重要な事務作業です。 ですが、社会保険や税などの知識が必要となるため、 担当者の入力・計算ミス、申告の漏れなどが起こりがちです。 そんなお悩みがございましたら、 社会保険などに詳しい社労士にご相談ください! 計算代行だけでなく、ミスを減らすにはどうするべきか、など的確なアドバイスをいたします。

  • 6その他

    【ワンストップで会社設立のお手続きが可能!】 会社設立に必要な手続きは、法務・税務・社会保険など多岐にわたり、大変手間のかかる作業です。 当事務所には行政書士も在籍しており、ワンストップで諸手続を代行可能です。 法人設立時の定款作成や、各種許可申請もサポートいたします。 社会保険関連に加え、多くの申請業務を一貫して引き受け、効率の良い会社運営をご支援します。

料金確認/問い合わせ