相談事例/実績

一覧に戻る

知的財産 > 特許出願

審査請求料、特許料の減額又は免除

できる限り安く特許権を持ちたい。

永井道雄 弁理士の対応

永井道雄
個人発明家の方でした。特許料の減免制度によれば、個人事業主であれば、審査請求料と特許料(第1年分から第10年分)は、1/3に軽減されますので、まずは、審査請求時に審査請求料の軽減のための手続きをとりました。なお、例えば、第5年目に企業規模が大きくなるなどの理由により減免の対象から外れてしまうおそれがあるのでしたら、前もって10年分の特許料を安いうちに支払うという選択肢もあります。

ピックアップ プロ

PickUP
  • 古岩信嗣 弁理士

    古岩信嗣

    弁理士

    ブランド保護
    • 知的財産
    • 年金管理・更新
    • 知財コンサルティング
    • その他
  • 事務所:
    海特許事務所
    最寄り駅:
    公園駅 / 地区センター駅 / ユーカリが丘駅
    住所:
    千葉県佐倉市ユーカリが丘4丁目1番1号 スカイプラザモール3F