注力分野

  • 1給与計算

    【業界初・利益を生み出す給与計算】 毎月やってくる給与計算。以下のような、お悩みはありませんか? ■社長の給与がバレてしまう… ■担当者が全社員の給与を知ってしまう… ■担当者が辞めると給与計算ができなくなる… ■残業代、社会保険料などが正しく計算されていないことがある… ■社会保険手続などにデータが活用されず、業務効率が悪い… 給与計算をアウトソーシング(外注)することで、お悩みから解放され、社長様や担当者様が本業に集中できるようになります。 また専門家が給与計算をすることによって、余分な人件費を排除でき、企業様の中に隠れている経営課題が見つかる場合もございます。 当事務所のご提供する業界初・利益を生み出す給与計算は、社員の年収を変えることなく、給与の支払い方を見直すだけで、会社にとっても、社員にとっても、メリットのある給与計算代行サービスです。まずは、ご相談ください。

  • 2助成金・補助金

    【助成金のフルサポート】 近年は業者経由の助成金トラブルが増えてきていると聞いています。不正受給の取り締まりも強化され、受給できないケースも増えてきております。 こういったことが無いよう、事前に助成金が受給できる労務管理等の整備、最新の助成金情報のお届け、さらには受給時期の経営判断等もおこなわさせていただきます。

  • 3その他

    「働き方改革」と聞いて久しいですが、平成30年6月29日、ついに「働き方改革関連法」が成立しました。 これを受けて、 「働き方改革関連法が成立したので、我が社でも何かしなければならないのでは…」 と感じている経営者の方は多いのではないかと思います。 しかし、 「具体的に何をすればよいのか?わからない…」 「何から手をつければよいのか?悩んでいる…」 といった不安や疑問をお持ちの経営者の方が多いのも事実だと思います。 このようなお悩みを解決したいなら…。 ★働き方改革アカデミー・南青山校 https://minami-aoyama.workstyle-academy.com/index.php

  • 4年金

    【社長の年金】 一般の方の老齢年金と異なり、中小企業のオーナー社長の老齢年金は、少し違います。 通常、年金はプライベートのことですが、中小企業のオーナー社長の老齢年金は、プライベートのことに留まらず、事業継承など経営課題にも関係してきます。 したがって、年金を受給する前から(ベストは50歳を超えたら)、様々な対策を講じていきましょう。

取扱分野

社会保険手続

国民・厚生年金健康保険介護保険労働保険雇用保険

人事労務管理

就業規則賃金管理・規定各種社内規定安全衛生・産業医教育訓練・研修福利厚生労働者派遣事業

労働問題

セクハラ・パワハラ

年金

国民・厚生年金

健康保険・介護保険

健康保険介護保険

労災保険・雇用保険

労災保険雇用保険

助成金・補助金

助成金相談助成金申請

就業規則

労働時間変形労働時間制休暇制度福利厚生産休・育休労働基準監督署退職金制度

人事評価・賃金制度

人事評価制度給与体系

給与計算

計算処理明細書作成賃金台帳作成