プロフィール

GOLGO社労士事務所 所長 木村 正士 昭和45年生まれ。出生地は滋賀県長浜市石田町(石田三成の出生地と同じ)。9歳より岐阜県各務原市で育つ。 9歳で少林寺拳法、11歳で剣道を初め、中学・高校と剣道部に所属。 明治大学商学部卒業(在学中は小説家志望であった)。 就職氷河期突入前にも関わらず、内定獲得に苦労し、開き直って出版社に的を絞った結果、運良くとある中小出版社に入社。 入社後は3年間、雑誌の編集業務に携わる。業務で徹夜は当たり前。徹夜のついでに麻雀をしたり、原稿の遅い人気作家をアパートの前で待ち伏せしたりと破天荒な生活の日々。雑誌が売れなければ会社に居られなくなるような社風の中、長く勤められる業界ではないと思い退職。その後、数年間はフリーライターをしつつ都内ホテルでアルバイトという半ば浪人生活を送る。 平成13年、結婚を機に愛知県知立市に移住し、名古屋市内のホテルに就職する。披露宴会場の接客業務に本格的に従事するも、3年後にホテルの経営が悪化し、転職を余儀なくされる。 その後、近隣の自動車関連メーカーで期間従業員として勤務当初は家族を養ってゆくために安定した職業をと、正社員登用試験を受験したが、あまりの倍率の高さと、コネの有無により合否が左右されるという事実を知る。 当時既に2人の子がおり、生活を安定させることは急務であったが、年齢も30代半ばで再就職が困難になりつつあり、それまでの人生を通じて性格的に組織の一員として生きてゆくのは難しいのではないかと考えていたこともあり、サラリーマンの道を断念。 ※このことは後にTA診断により典型的な経営者向きの性格であることが判明した。 自分にできることが何かを分析したところ、目標を決めて試験を受験するという局面ではそれなりの勝率を残していることが分かったため、独立開業が可能な国家資格を検討し、比較的短期間で合格できそうだと思われた社会保険労務士の受験を決意する。 最初の年は市販の参考書で勉強したものの不合格。誤記誤植の多さに時間をロスし、理解に行き詰まった時に質問ができる環境が無かったことが敗因と分析し、本試験の翌日から業界で定評のある専門予備校の通信教材を購入し、質問制度も活用して学習効率を改善。模試の結果を分析し時間配分を工夫した後は成績が安定。その甲斐あって2年目の平成18年に合格。 合格はしたものの、当初はどうすれば事業が成り立つかが分からず、地元の先輩社労士の先生を訪ねて回り教えを乞うたり、開業塾に通ったりと、暗中模索の日々を送る。先輩の薦めもあって売上ゼロの頃から青年会議所に入会し、若手経営者の仲閒と共に「修練」「奉仕」「友情」をテーマに活動を開始。 その後、様々な人々からご紹介やご縁を頂き、ひとつひとつのお仕事を「頼まれ事は試され事」と精一杯行い、無我夢中で走り続けて今日に至る。

経歴
1993年03月明治大学商学部卒業
1993年04月出版社にて雑誌編集担当。
1996年05月帝国ホテルにて接客業務担当。
2001年05月KKRホテル名古屋にて宴会会場担当。
2004年07月豊田自動織機にて製造部門担当。
2005年09月アイシン精機にて製造部門担当。
2006年11月社会保険労務士試験合格
2007年10月GOLGO社労士事務所開業
料金確認/問い合わせ

ピックアップ プロピックアップに表示しませんか?
◆士業向け資料はこちら◆

PickUP
PickUP
  • 太田二郎 社会保険労務士

    太田二郎

    社会保険労務士

    【豊橋/保育・医療】マンパワーで事業成長【助成金/就業規則】
    • 就業規則
    • 給与計算
    • 社会保険手続
    • 助成金・補助金
  • 事務所:
    太田経営労務センター
    最寄り駅:
    運動公園前駅(愛知) / 小池駅 / 井原駅(愛知)
    住所:
    愛知県豊橋市西口町西ノ口46-151