ニューストピックス

一覧に戻る

企業法務

契約書作成は取引の基本!起業したなら知っておくべき契約書の種類

2018年04月05日

起業をすると、他の企業との間の受発注や業務の提携、融資、従業員の雇用など、さまざまな契約が発生します。契約の条件を書面に残すことでトラブルを防ぐ役割をもつ「契約書」について、ぜひ知識をもっておきましょう。

この記事を詳しく見る

磯野真 弁護士によるコメント

磯野真
法的トラブルをふせぐための契約書の作成とチェック,トラブルが起こった後の対応は弁護士としての重要な職務です。 契約書が無いからといって諦めるべきかどうかは,まずは相談して下さい。業界によっては,正式な契約書があまり交わされていないケースが見受けられます。 多くの契約は,諾成主義といって合意だけで成立します。合意が成立することを証明することは困難な場合が多いですが,それでも諦めるには早い場合が少なくありません。 もちろん,契約書は作成しておくにこしたことはありません。

ピックアップ プロ

PickUP
  • 外山弘 弁護士

    外山弘

    弁護士

    複雑化する法的問題でも依頼者のために時間と労力を惜みません。
    • 遺産分割協議
    • 事業承継
    • 会社法
    • 交通事故相談
    • 後遺障害
  • 事務所:
    外山法律事務所
    最寄り駅:
    北新地駅 / 東梅田駅 / 大江橋駅
    住所:
    大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル303号室
PickUP
  • 村上幸隆 弁護士

    村上幸隆

    弁護士

    中国・台湾の法律問題に対応!大学教授としても活躍中!
    • 企業法務
    • 訴訟・裁判
    • 労働問題
    • その他
  • 事務所:
    土佐堀法律事務所
    最寄り駅:
    なにわ橋駅 / 大江橋駅 / 淀屋橋駅
    住所:
    大阪府大阪市北区西天満5-11-7サンク西天満ビル2階