プロフィール

経営パートナーとして人事・労務課題をトータルサポート

平成元年3月に日本大学法学部法律学科を卒業し、 とある不動産担保金融会社へ経理として入社しました。 その頃はまだバブル期で景気も良かったのですが、 年々景気が悪くなってくるのを感じていました。 このままではいけないと思い、 法務と企業経理ができて、不動産知識がある社会保険労務士・行政書士になろうと考え、 大学4年の時に取得済の行政書士と宅地建物取引主任者(現:宅地建物取引士)の資格に加え、 社会保険労務士の資格も取得しました。 会社ではリストラが始まり、自社ビルの売却や資産の処分、 貸付金の回収など多くの問題の対応をせまられていたのを覚えております。 私は退職を決め、開業の準備を始めました。 これまで、経理という職種として内勤をしていましたので、 人と接する訓練・コミュケーションをとる訓練をしていません。 また、当時はインターネットはなかったので、自分で作成したDMを送付していましたが、 たまに依頼がきてもどう対応してよいか分からず四苦八苦していました。 それでも少しずつ仕事を覚え、現在に至っております。 当社会保険労務士事務所は、企業の最も基本的要素である「人」についてのエキスパートです。 「誠実、迅速、分かりやすいアドバイス」をモットーに、お客様の事業経営の発展のお力になります。 どんな小さな疑問でも、誠意を持って対応いたします。 【事業内容】 ◆人事労務管理等のコンサルティング ◆労働社会保険手続 ◆社内規定作成 ◆助成金支給申請 ◆外国人在留関連 ◆許認可関連    など

経歴
1989年03月日本大学法学部法律学科卒業
1994年09月川崎市高津区にて行政書士事務所を開設
1995年07月社会保険労務士登録
2000年10月P.A.L.総合事務所開設につき、東京都新宿区に移転
2011年07月業務拡大のため、現在の所在地へ移転
料金確認/問い合わせ