プロフィール

地元社労士の中核として20年以上企業をサポートしています!

■長野を支える経営者の皆様へ 岡谷市の社会保険労務士 髙林 清治と申します。 国家資格でもある社会保険労務士は企業の成長に必要な「ヒト・モノ・カネ」のうちヒト、すなわち人材に関する専門家です。 社労士が担う仕事のうち重要なもののひとつとして「労働環境の整備」が挙げられます。 営業活動などと違ってすぐに収益増という結果で反映されるとは限りませんが、労働生産性を上げていくことは会社が大きくなるために不可欠な要素です。 == ・新しい仲間を増やしていくにあたって、保険制度が整備されていない ・就業規則は昔作ったきりで、不明確な部分が多い ・従業員の評価もこれと言って定められた基準がない  ⇒結果社員がすぐにやめてしまい離職率が悪化、業績も伸びない… == こんな状態にならないように(場合によっては「なってしまったものを是正するために」)社労士が手助けをしています。 社労士は皆さまが抱える問題を解消して、経営に専念できるようにするプロフェッショナルです。その悩み、まずは私に聞かせてください。 ***************** 【事務所代表 紹介】 髙林 清治(たかばやし せいじ) 長野県社会保険労務士会諏訪支部 副支部長などを歴任 ・保有資格 社会保険労務士/高度年金・生涯設計コンサルタント ・略歴 士業事務所に就職したことをきっかけにその道を志し、社会保険労務士の資格を取得。1995年に20代の若さで独立開業し、以来20年以上地域に密着しながらセミナーや研修、無料相談会を開くなど精力的に活動している。開業以来大切にしてきた「お客様との対話」を守っていくため、今後は「働き方改革」で注目される労働基準の整備など新たな領域への業務拡大を画策している。 【取扱業務(抜粋)】 ・就業規則の作成、見直し ・労災保険の申請手続代行 ・雇用保険の申請手続代行 ・労働相談 ・年金相談 ・健康保険加入手続

経歴
1995年07月髙林社会保険労務士事務所 開業