相談事例/実績

一覧に戻る

年金 > 障害年金

内縁関係の男性が死亡…遺族年金は受け取れる?[女性B様]

女性B様は男性C様と同居し、内縁関係にありました。 また、B様にはC様に認知された小学生の子Dがおり、生計を共にしておりました。 C様が死亡したため遺族年金の請求を行ったが、実はC様には戸籍上の妻Eがおり、 すでにEからの請求で遺族年金が決定されているとして年金事務所で断られたとのこと。 遺族年金はあきらめなければいけないのか、とご相談に来られました。

安藤富士子 社会保険労務士の対応

安藤富士子
認知された子Dが18歳未満であることから、年金の請求は可能であると判断し、再度年金事務所に請求を行いました。 その結果、Dが高校を卒業する18歳の3月31日まで遺族厚生年金を受給すると決定していただけました。 ★今回のポイント 戸籍上の妻Eには18歳未満の子がいなかったことが最大の焦点です。B様とC様は内縁であっても、子DはCにしっかりと認知されており、18歳未満であることから、Eよりも優先して遺族年金を受けることが可能です。 当事務所では年金事務所での勤務時代から、さまざまな相談を受けてきた豊富なノウハウがございます。一度断られたからと諦めずに、お話しを聞かせてください!