ニューストピックス

一覧に戻る

節税対策

講演料や原稿料をもらったら確定申告はどうなる?

2017年12月13日

個人事業主が講演料や原稿料をもらった場合は事業所得ではなく「雑所得」の扱いになります。この所得金額に対して、源泉所得税が差し引かれます。雑所得の確定申告の方法と経費の扱い、消費税の処理について解説します。

この記事を詳しく見る

川瀬博之 税理士によるコメント

川瀬博之
サラリーマンの方の副業収入での原稿料や原稿執筆の多くが「雑所得」になってしまいます。経費は限定的となり、赤字が出ても他の所得との通算が出来ない等税金のメリットがあまり享受できません。 事業所得と雑所得についても総合的に判断して決める必要がありますので、一度専門家にご相談頂いた方が良いと思います。

ピックアップ プロピックアップに表示しませんか?
◆士業向け資料はこちら◆

PickUP
  • 鹿田知倫 税理士

    鹿田知倫

    税理士

    【ご相談は何度でも無料!】小さな会社の相談役として【福岡】
    • 経理・決算支援
    • 資金調達支援
    • 会社設立・支援
    • コンサルティング
    • 節税対策
  • 事務所:
    鹿田税理士行政書士事務所
    最寄り駅:
    西新駅 / 藤崎駅(福岡) / 別府駅(福岡)
    住所:
    福岡県福岡市早良区城西3丁目
PickUP
  • 岡崎正毅 税理士

    岡崎正毅

    税理士

    夫婦二人三脚で税務だけでなく人事労務のご相談にも柔軟に対応
    • 相続
    • 資金調達支援
    • 経理・決算支援
    • コンサルティング
  • 事務所:
    おかざき総合会計
    最寄り駅:
    西11丁目駅
    住所:
    北海道札幌市中央区大通西10丁目4 NYビル 2F