相談事例/実績

一覧に戻る

資金調達支援 > 融資

【資金調達の目的を”納税のため”から”今後のため”に】融資のお手伝い

[店舗経営 40代男性より] 税務調査があり、納税額が算出されたが、 手元に現金がなく納税資金が不足しているので融資を受けたい。

鹿田知倫 税理士の対応

鹿田知倫
【対応内容】 納税資金での融資はハードルが高いのが実情です。 そのため、今後の事業計画をお伺いし、事業資金やその他の資金での資金調達を検討していただくようご提案いたしました。 【その結果…】 事業資金や教育資金での資金調達が認められ580万円の資金調達に成功いたしました! 納税資金不足というピンチから抜け出し、事業継続することができました。