安田益生

やすだますお

安田益生

税理士

  • 経理・決算支援
  • 資金調達支援
  • 節税対策
  • その他
料金確認/問い合わせ
事務所:
税理士安田益生事務所
最寄り駅:
丸の内駅(愛知)/浅間町駅/国際センター駅
住所:
愛知県名古屋市中区丸の内1丁目3番1号ライオンズビル丸の内5F

ニューストピックス

一覧に戻る

節税対策 > 確定申告

クラウド会計ソフトの活用のメリット・デメリットについて教えてください。

2017年03月01日 Techcrunch

中小企業の経営者から、個人事業主の間で急速に広まっている クラウド会計ソフト。 AI技術で、さらにソフトの進化は続いていくようですが、 本当に安価なクラウド会計ソフトに頼っていて大丈夫? 確定申告など、節税ポイントが多数あるはずですが、 クラウド会計ソフトの活用でどこまで対応ができるのでしょうか? クラウド会計ソフトの活用のメリット・デメリットなど 専門的な観点からポイントを教えて下さい。

この記事を詳しく見る

安田益生 税理士によるコメント

安田益生
freeeやMFクラウドといったクラウドソフト活用のメリットは多数あります。一番のメリットは「簿記・会計の知識が無くても自分で帳簿作成ができる」点でしょう。おまけに銀行やクレジットカードの明細も自動取り込みができて会計仕訳まで作成してくれますので面倒な事務処理の時間が大幅に削減可能です。 一方、デメリットとしてはインターネット環境にないと使用出来ないためトラブルでインターネットが使えない点があげられます。 したがって、場合によっては、これまで税理士にお任せだった確定申告書の作成・提出も全て自分で行うことも可能です。作成した確定申告書のチェックのみを税理士にお願いし顧問報酬を節約するという選択肢もあるかも知れません。ただ、法人の経営者ですと税務申告書の作成はハードルが高くなりますので税理士に委託した方が無難と思います。 いずれにしてもクラウド会計ソフトは今後ますます普及していくでしょうからまだ使ったことのない方は導入を検討されたらいかがでしょうか。