田中健太郎

たなかけんたろう

田中健太郎

税理士

  • 節税対策
  • 資金調達支援
  • 国際税務
料金確認/問い合わせ
事務所:
税理士田中事務所
最寄り駅:
京急川崎駅/川崎駅/港町駅
住所:
神奈川県川崎市川崎区砂子1-10-2ソシオ砂子ビル3F

ニューストピックス

一覧に戻る

節税対策 > 確定申告

クラウド会計ソフトの活用のメリット・デメリットについて教えてください。

2017年03月01日 Techcrunch

中小企業の経営者から、個人事業主の間で急速に広まっている クラウド会計ソフト。 AI技術で、さらにソフトの進化は続いていくようですが、 本当に安価なクラウド会計ソフトに頼っていて大丈夫? 確定申告など、節税ポイントが多数あるはずですが、 クラウド会計ソフトの活用でどこまで対応ができるのでしょうか? クラウド会計ソフトの活用のメリット・デメリットなど 専門的な観点からポイントを教えて下さい。

この記事を詳しく見る

田中健太郎 税理士によるコメント

田中健太郎
メリット①入出金=売上・仕入れという単純な業種には向いている。 メリット②会計事務所に資料を全然出さないだらしのないお客さんには向いている。(資料を出さなくても通帳の情報が会計事務所に自動連係されるため。) デメリット 納品月や役務提供月と入金月が異なる業種では、 振替伝票を多用する結果になり、 クラウド会計ソフト特有の「動作の遅さ」がストレスになる。 (WEBブラウザ上で動くため、インストール型ソフトと違って画面の切り替えに1-3秒がかかる。 これは会計事務所など経理のプロにとってはかなり効率を悪くする要因である。)