プロフィール

商品開発の初期から一貫して知的財産をサポートします!

あなたの会社から革新的な製品・サービスを提供してほしい! 弁理士として働き始めて数年、とある企業の開発者の発明相談にのっているときです。 その開発者から、「十年後に、この会社の主力製品になるような革新的な技術開発を行いたい。でも、この会社では、2・3年後に製品化できそうな技術開発しかできない。もっと面白い技術を開発し、世界を驚かせたいのに!」という発言がありました。 その時、ハッと思いました。 「日本のような資源のない国は、新しい技術を開発して、世界と戦って行くべきだ!」とマスコミは言っていましたが、現状の日本企業は本当に新しい技術を開発できない状況にあるのだと。 私は、日本企業の製品が好きです。多少こんな機能が本当に必要なのかな?と思うこともありますが、壊れにくく、以前は「世界初の〇〇」というキャッチフレーズが付けられた製品が数多くありました。 ただ、当時そのようなキャッチコピーが付されている製品が少なくなっているとも感じていました。 このままでは日本の企業から革新的で便利な製品が開発されなくなってしまうのではないか? 私に何かできることはないのか? 私は、子供の頃から科学に興味があり、学生時代には研究者を目指していました。ただ、私の専攻していた分野の研究状況を知り、研究者になるのを諦めましたが。でも、実際に研究者になった友人も多く、研究者の気持ちも分かります。 一方、弁理士でしたので特許法等の法律的な知識もありました。 そこで、革新的な基礎研究を行っている大学や公的研究機関で開発された技術を民間企業に移転し、その民間企業から革新的な製品を販売してもらうという、技術移転活動ならば貢献できるのではないか?と思うようになりました。 その後、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)の技術移転活動に参加し、多くの技術を民間企業に移転してきました。 その際感じたのは、多くの研究者は自分の研究成果が製品化されるのを待っており、民間企業の多くは将来の製品のネタとなる技術を外部機関に求めているということでした。 産総研では、産総研の研究成果と民間企業とを結び付けることにより、その民間企業から革新的な製品が上市されるという貴重な経験を得ることができました。 将来の製品のネタは、自社内だけでなく、近所の大学等にあるかもしれません。 今後は、民間企業の自社技術だけでなく、大学等の研究機関から技術導入・連携により得られた技術の発明の発掘・権利化・権利行使・ライセンス活用などの知的創造サイクルに一貫関与するサービスを提供していきたいと考えております。 あなたの会社から革新的な製品・サービスを是非提供してください!

経歴
1996年03月東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻修士課程卒業

ピックアップ プロピックアップに表示しませんか?
◆士業向け資料はこちら◆

PickUP
  • 古岩信嗣 弁理士

    古岩信嗣

    弁理士

    • 知的財産
    • 年金管理・更新
    • 知財コンサルティング
    • その他
  • 事務所:
    海特許事務所
    最寄り駅:
    東京駅 / 日本橋駅(東京) / 大手町駅(東京)
    住所:
    東京都千代田区丸の内1-8-3丸の内トラストタワー本館20階
PickUP
  • 前田健一 弁理士

    前田健一

    弁理士

    【ブランド化】企業の「知的財産」をお守りします!【全国対応】
    • 知的財産
    • 知財活用戦略
    • 特許調査・知財評価
    • 年金管理・更新
  • 事務所:
    外堀知的財産事務所
    最寄り駅:
    四ツ谷駅 / 麹町駅 / 市ヶ谷駅
    住所:
    東京都千代田区六番町15番地2 鳳翔ビル3階