相談事例/実績

一覧に戻る

交通事故 > 交通事故相談

納得できる後遺障害等級が得られるまで異議申立を繰り返した事案

被害者は、夜間に横断歩道上を横断中、自動車に衝突され、脳挫傷・びまん性軸索損傷などを受傷しました。この結果、高次脳機能障害などの後遺障害を残しました。 当事務所にご依頼をいただくまでに、ご家族で自賠責保険の請求手続を済ませており、後遺障害等級5級の認定を受けていました。 ご依頼を頂いた後、後遺障害等級の認定通知に記載されている認定理由、後遺障害診断書などの資料、ご家族から聴取したご本人の状況などを検討した結果、5級は適切ではなく、2級の認定を受けられる可能性があると判断しました。 ご家族の詳細な陳述書を作成するなどの準備をして、1回目の異議申立を行った結果、3級に認定してもらうことができました。 しかし、3級という後遺障害等級も不十分だと考えたので、2回目の異議申立を行いました。 その結果、当初の見込み通り、2級の認定を受けることができました。 当初に見込んでいた後遺障害等級の認定を受けることができたため、訴訟を提起しました。 裁判では、後遺障害等級、将来介護費、過失相殺などが争点になりました。 介護状況などを説明するため、ご家族の陳述書などを提出しました。また、入手した刑事記録を入念に検討し、加害者の過失が大きいことを主張しました。その結果、自賠責保険が認定した2級を前提として損害額の計算がなされました。また、過失相殺はしないことになりました。そして、既払金を除き、9500万円の支払を受けることで和解が成立しました。

藤本一郎 弁護士の対応

藤本一郎
ご依頼を頂いた当初から、後遺障害等級について見込みを立てることにしています。 そして、当初の見込みと自賠責保険の認定が食い違った場合は、認定通知の理由や後遺障害診断書などの資料を検討して、見込んだ後遺障害等級の認定を受けられる可能性があるかどうかを判断しています。 可能性があると判断すれば、数回にわたって異議申立を行うこともあります。 後遺障害等級によって賠償金の額が大きく変わる可能性があるので、後遺障害等級について十分に検討することはとても大切なことなのです。 本件では、2回の異議申立を行った結果、2回とも後遺障害等級があがりました。粘り強く対応することが非常に重要であることを実体験した事案です。

ピックアップ プロ

PickUP
  • 森勇馬 弁護士

    森勇馬

    弁護士

    【地域密着】ご依頼者様の強い味方です【福岡、直方駅徒歩1分】
    • 交通事故
    • 借金・債務整理
    • 企業法務
    • 離婚・男女問題
    • 遺言・遺産相続
  • 事務所:
    直方駅前法律事務所
    最寄り駅:
    直方駅 / 筑豊直方駅 / 南直方御殿口駅
    住所:
    福岡県直方市須崎町3-37竹田ビル5階
PickUP
  • 清水智 弁護士

    清水智

    弁護士

    【予防法務】気軽に相談できる法律事務所【初回相談無料】
    • 企業法務
    • 遺言・遺産相続
    • 交通事故
    • その他
  • 事務所:
    弁護士法人清水法律事務所
    最寄り駅:
    西11丁目駅 / 西15丁目駅(市電) / 中央区役所前駅(市電)
    住所:
    北海道札幌市中央区大通西14丁目1-13 北日本南大通ビル3階