相談事例/実績

一覧に戻る

債権回収 > 差押え・仮押さえ

アフィリエイト報酬の未払い回収

WEBサイトオーナーのT様より、 自サイトにて行っていたアフィリエイト広告の報酬が支払われないとご相談いただきました。 今回ご相談いただいたT様は、 広告代理店2社(広告主→C社→B社)を媒介としており、B社からの報酬を受け取る契約でした。 しかし、いつまでたってもB社から予定された報酬が支払われず、問い合わせたところ、 B社「C社からの報酬が支払われないため、T様にお支払いはできない」 と、支払いを拒否されました。 さらにはB社の社長と音信不通となり、さらには契約とはいってもインターネット上での申込み時に利用規約があるのみで、書面を交わしていなかったためどうしたものかと困り果て、当事務所へとご相談に踏み切ってくださいました。

野村雅弘 弁護士の対応

野村雅弘
ご状況を聞き、まずはB社へと内容証明郵便を送付しました。 B社が依頼した弁護士との交渉にこじつけましたが「お金がないから払えない」の一点張りで決着がつきませんでした。 そこで、直接C社にも内容証明を送り、C社弁護士との交渉も開始していきました。交渉の末、C社としては正当に支払う理由が必要だったようで、B社が持つC社に対する『報酬請求債権』を仮押さえ手続きを依頼されました。 T様に保証金の供託をしていただき、手続きをおよそ2週間で完了しました。その後、結果的に全額回収ができ、T様共々ほっと胸をなでおろしました。 ◆重要ポイント◆ 今回は少し例外的なケースではございましたが、債権回収において大切なことは「あきらめない」ことです。もちろん、各種証明書類の準備や裁判所への説明も重要ですが、何よりも「あきらめない姿勢、努力」が結果に大きくかかわることは間違いないと考えます。 同じようなお悩みを抱える方も「あきらめないで」当事務所へとお気軽にご相談ください! 回収できるように全力でご支援いたします!