相談事例/実績

一覧に戻る

交通事故 > 後遺障害

事前認定では後遺障害に非該当だったA様…

大工さんであるA様は車で走行中、相手方の車に追突され、障害を負いました。 しかし、相手側の保険会社から提示されたのは、治療費を含んだ自賠責保険の範囲120万円のみ。 事前認定(相手側の保険会社が行う障害認定手続き)では、後遺障害に非該当と判断されました。 納得のいかないA様より、後遺障害認定と慰謝料の増額をご相談いただきました。

外山弘 弁護士の対応

外山弘
お話を伺ったところ、保険会社から治療費の支払いを打ち切られたことが判明いたしました。 しかし、自費でも通院を継続し、複数の医師による後遺障害の診断結果をもって、事前認定に対する異議申し立てを行ったところ、最終的に12級の13号に該当すると認定されました。 また、裁判で大工の仕事内容ごとにおける後遺障害での影響などを、建築関係の本を基に写真や表などを用い100工程以上に分解し、逸失利益を算定し直した結果、慰謝料として1,200万円を獲得することができました。 ★事前認定では適切な等級認定がされないことも 相手側の保険会社が行う事前認定では、費用を抑えたいがために、適切な等級の認定がされない場合がございます。 交通事故専門の弁護士や複数の医師に診断をもらうことで、後遺障害に該当することをあらためて異議申立てなど行うことが可能です。 適切な後遺障害等級の認定や慰謝料などを獲得できるよう、当事務所が全力でご支援いたします!