相談事例/実績

一覧に戻る

交通事故 > 示談交渉

腰椎捻挫で14級の後遺障害を負った40代女性の事例で、主婦の逸失利益が認められて示談金が約2倍になった事例

バイクで走行中、交差点に差し掛かったことから交差点前で停止していたところ、交差点の左の方から右折してきた車が停止していたバイクに気付かずにそのままバイクに衝突した事例で、腰痛捻挫となり、局部に神経症状を残すものとして14級の後遺障害が認定された事例です。 保険会社は、ご依頼者様に約100万円の示談金を提示していましたが、金額が低かったことから、ご依頼がありました。 保険会社提示の100万円の内訳をみてみると、保険会社は、1日5700円×通院日数分の休業損害しか算定していませんでした。ご依頼者様は主婦ですので、裁判基準によれば、治療期間の全期間について、平均賃金(年収約350万円)を元に休業損害が計算されるべき事案でした。 また、保険会社は、通院慰謝料や後遺障害慰謝料について、任意保険会社基準で算定していましたので、裁判基準で算定しなおしました。 さらに、裁判実務上、主婦であっても逸失利益は認められるにもかかわらず、保険会社は、逸失利益をゼロとしていましたので、これも裁判基準に基づいて計算をして、保険会社と交渉をしました。 約2か月の交渉で、金額が以下のように増額しました。 休業損害     35万円→120万円 通院慰謝料    85万円→125万円 後遺障害慰謝料  75万円→110万円 逸失利益       0円→ 80万円 なお、示談に当たっては、ご依頼者様にも一定程度の過失があるという前提で示談しましたので、示談の合計金額は200万円となっています。

坪井俊郎 弁護士の対応

坪井俊郎
主婦の方にも休業損害や逸失利益は認められます。 しかも、金額も年収約350万円で計算されます。 保険会社の言うことが常に正しいわけではありませんので注意が必要であるという事案でした。

ピックアップ プロ

PickUP
  • 佐久間篤夫 弁護士
    【トラブル防止】問題が起きない対策を【予防コンサルタント】
    • 企業法務
    • 遺言・遺産相続
    • 労働問題
    • 訴訟・裁判
    • 離婚・男女問題
  • 事務所:
    佐久間総合法律事務所
    最寄り駅:
    市ヶ谷駅 / 半蔵門駅
    住所:
    東京都千代田区九段南3-9-1 九段サザンビル2階
PickUP
  • 野村雅弘 弁護士

    野村雅弘

    弁護士

    【中小企業支援】経営の悩みはお気軽に!【東銀座徒歩5分】
    • 企業法務
    • 労働問題
    • 遺言・遺産相続
    • 不動産トラブル
    • インターネットトラブル
  • 事務所:
    東銀座綜合法律事務所
    最寄り駅:
    東銀座駅 / 銀座駅 / 銀座一丁目駅
    住所:
    東京都中央区銀座3丁目10-19