注力分野

  • 1遺言・遺産相続

    相続が開始すると、銀行口座が凍結されたりして、その解除のための手続きが必要となります。この他にも、株式をはじめとする有価証券の名義変更や不動産の名義変更等があります。   不動産の名義変更については、相続が発生してもなされていないことも多く、その結果として、誰も住まない⇒空き家が発生するという今日的社会問題が発生しています。空き家を発生させないためにも、相続人間で遺産分割協議を行って、誰のものにするのか決めていかなければなりません。 これら一連の手続きをする際には、まず、戸籍の収集作業が必要となりますが、この作業、慣れていないと非常に手間がかかるものです。故人や相続人の戸籍(除籍)謄本は、全国から取り寄せをしなければならないケースも多く、また、戸籍を現在から遡って収集するには、原戸籍を取得して、戸籍の繋がりを確認していく必要があるからです。書類を準備して方々に出向くことも時間の余裕のない方はもちろん、時間はあっても出向く余力のない方にとっては煩わしいものになります。手続きを円滑に進めていくために、専門家に相談されることが必要になって参ります。この機会に是非ご活用下さい。

取扱分野

不動産登記

所有権移転抵当権抹消

会社・法人登記

株式会社設立本店移転役員変更定款・商号変更解散

借金・債務整理

債務整理自己破産過払い金

遺言・遺産相続

成年後見

不動産トラブル

賃貸トラブル

ピックアップ プロ