ニューストピックス

一覧に戻る

離婚・男女問題

離婚後、子どもの養育費は増額・減額できないの?

2017年11月07日

離婚をしようと思ったとき、子供の養育費をどうするのかが問題となり、取り決めをしっかりしておかないと離婚後もトラブルになる可能性があります。また離婚時に養育費を決めたとしても、その後に事情が変わって養育費の増額や減額をしたい場合もでてきます。離婚時の養育費とその後の養育費の増額・減額について解説します。

この記事を詳しく見る

佐藤嘉寅 弁護士によるコメント

佐藤嘉寅
離婚するか否か悩んでいる時,また,離婚について配偶者と話し合いをしている時,あまりの辛さに,中途半端に話し合いを終了してしまいたくなる方も多くおられると思います。 ただ,養育費は,お子様の権利であり,今後,お子様が健やかに成長するために必要なお金です。 離婚しても,子を引き取っていない親と子の関係が,頻繁な面会交流を通じて円満な状態が継続していれば,養育費の支払いも心配ないかもしれません。 しかし,将来,親子の関係が,円満に継続するとは限りません。辛くても,お子様のために養育費は,離婚時にきちんと決め,協議離婚をするのであれば,公正証書で作成しておいた方が良いです。その際には,強制執行認諾文言を忘れずに! 強制執行認諾文言とは,「乙は,本公正証書記載の金銭債務を履行しないときは,直ちに強制執行に服する旨陳述した。」というもので,これを記載することで,裁判手続を経ることなく強制執行手続きができることになります。