注力分野

  • 1交通事故 > 損害賠償

    ●交通事故に遭遇したら… 突然の事故により、ケガや不安感・恐怖感などから混乱することもあるかと存じます。とはいえ、事故後の対応が重要となることも多くありますので、まずは深呼吸して落ち着き、一つずつ着実に対応していきましょう。ただし、ケガをした場合は私たち弁護士をご活用いただき、まずは治療に専念してください。 ●損害賠償・慰謝料の請求、後遺症認定に関するノウハウが豊富 事故被害に遭われた際に相手方の保険会社から提示される金額が少ないとのお話を多く伺います。その主な理由としては、保険会社の定める算定金額は裁判所基準とは明確に違うため、金額に差異が生じます。 例えば、主婦(夫)の方が事故に遭われた際には、保険会社からはパートなどの外へ働きに出ていた場合には労働賃金分が算定されるのに対し、裁判所基準では家事労働に関しても算定の基準としており、受け取る保険金が増額されることもございます。 こうした算定額については、裁判までいかずとも弁護士が介入した時点で、保険会社側から示談金の増額を申し出てくることもございます。もしも、提示された金額に納得がいかない場合には「弁護士を通して回答する」とお伝えいただき、当事務所までご相談ください!

  • 2離婚・男女問題 > 離婚相談

    ●離婚をご検討中の方はまず当事務所へお話を聞かせてください 離婚はただ離婚届に判を押せばいいわけではなく、以下の問題を解決してからでなければ後々大きなトラブルに発展する場合がございます。 <離婚前に決めておくとよいこと> ・財産分与 ・慰謝料 ・親権 ・養育費 ・子供との面会に関すること ・婚姻費用(別居している場合など) それぞれが新たな人生を気持ちよくスタートできるよう、これらを事前に決めておきましょう。なお、当人同士では感情的になり、うまく話がまとめられないといった場合には、私たち弁護士がお客様に代わってお相手と交渉も行います。当事務所の弁護士は専門知識やノウハウも豊富なため、知っておいて損しない法的知識や手続きをわかりやすくご説明いたします。 ●男女両スタッフによる広い視野で問題解決を目指します 当事務所は男女1名ずつ弁護士がおりますので、両方の視点から問題に対応しております。また、担当のご希望にも柔軟に対応し、お客様の今後に関してできる限りのサポートを心掛けております。

  • 3遺言・遺産相続 > 遺産分割協議

    ●事前準備が『争続回避』のポイント 相続問題は親族間でのトラブルという性質上、根が深い問題が多く、早期的かつ着実な解決が望ましいです。できることなら無用な争いを避けるために、事前に適切な手続きを行うことが、円満な相続への第一歩です。 ●他士業との多彩なネットワークで総合サポート 近年、相続問題とセットで介護や看護に関してのご相談も増えております。弁護士は法律のプロですが、介護や税金などに関しては、より知識と経験の豊富なプロがいます。当事務所ではそうした各プロとの協力により、さまざまな問題に柔軟な対応ができる体制を整えております。

  • 4企業法務 > 顧問弁護士

    ●中小企業における各種法務対策などおまかせください お忙しい中小企業における法務事務は法律のプロである私たち弁護士にすべておまかせください!契約内容や書類の適法性チェックなどをはじめとし、債権回収などあらゆるお悩みに対応いたします。 ●不当なクレームにも適切な対策を! 消費者問題にも長年取り組んできた弁護士がその経験を活かし、根拠のない不当なクレームに対し、適切な対応を行います。特に過度な謝罪要求などがあった場合などは相応の対応を行い、その後のクレーム対策も行います。

  • 5その他

    ●民事介入暴力対策、反社会的勢力対策 日常生活や企業経営において暴力や集団の威力を背景に、不当な要求を押し通そうとしてくる人・集団がいます。そうした「民事介入暴力事件」に巻き込まれた場合には、お一人で悩まず、すぐに警察や弁護士などの専門家へご相談ください。ご自身やご家族、企業や従業員などを守ることはもちろんですが、問題を放置することで周りへ被害が拡大する場合もございます。 私たち弁護士がお客様の味方となり、一緒に不当な暴力や要求に立ち向かいます!

取扱分野

離婚・男女問題

離婚慰謝料財産分与年金分割養育費親権離婚調停離婚回避浮気・不倫・不貞婚約破棄内縁認知国際結婚事実婚

遺言・遺産相続

相続登記節税対策遺言書相続放棄生前贈与成年後見

交通事故

交通事故相談示談交渉交通事故慰謝料民事裁判自転車事故

企業法務

会社清算・解散渉外法務契約書知的財産権税務調査対応