相談事例/実績

一覧に戻る

交通事故 > 損害賠償

後遺障害非該当事案で、人損分につき約150万円増額した例

▼事故内容  Bさんは公道上を走行中、突如飛び出してきた加害車両と衝突してしまいました。この事故により、Bさんはろっ骨・手骨骨折、胸部打撲等の症状により、約1年強の間入通院を行ないました。ただし、後遺障害等級は非該当と判断されました。また、相手方保険会社は、過失割合につき1:9と主張していました。 ▼弁護士対応 まず、相手方保険会社から診断書や給与明細等の資料を送付いただき、損害内容につき検討を行ないました。その上で、相手方保険会社から賠償額の提示を受けたものの、特に入通院慰謝料・休業損害額が不相当な金額でした。そこで、相手方保険会社に適正額の支払いを求めたものの、応じなかったため、第三者機関へのADR申立を行ないました。 その結果、相手方保険会社は、入通院慰謝料につき裁判基準で、休業損害につき当方主張に沿った賠償に応じることとなりました。また、過失割合についても、5:95とし、当初より当方有利な内容となりました。これにより、当初の保険会社提示額より約150万円増額することができました。

小川智史 弁護士の対応

小川智史
 当初の保険会社提示内容は、慰謝料も非常に低額であるとともに、過失割合も事故の実態を正確に反映しないものでしたが、適正な賠償を求めるべくADR申立てを行ない、大幅増額に成功しました。

ピックアップ プロ

PickUP
  • 佐久間篤夫 弁護士
    【トラブル防止】問題が起きない対策を【予防コンサルタント】
    • 企業法務
    • 遺言・遺産相続
    • 労働問題
    • 訴訟・裁判
    • 離婚・男女問題
  • 事務所:
    佐久間総合法律事務所
    最寄り駅:
    市ヶ谷駅 / 半蔵門駅
    住所:
    東京都千代田区九段南3-9-1 九段サザンビル2階
PickUP
  • 佐藤嘉寅 弁護士

    佐藤嘉寅

    弁護士

    多様化・複雑化する諸問題に多角的な視点から解決を目指します
    • 離婚・男女問題
    • 刑事事件
    • 遺言・遺産相続
    • 訴訟・裁判
    • 交通事故
    • 労働問題
  • 事務所:
    弁護士法人みなとパートナーズ
    最寄り駅:
    神田駅(東京) / 大手町駅(東京) / 淡路町駅
    住所:
    東京都千代田区内神田2-5-6亀田ビル8階