プロフィール

終末期に延命措置を拒否して尊厳死を選択したい人はこちらへ

当事務所は、延命措置に入るリスクを大幅に減少させる医療代理人業務を行っております。終末期の医療現場では、患者の尊厳死の意思決定がわからず、望まぬ延命措置に入るケースが増加し大きな社会問題となっています。高齢者を中心に終活が盛んに行われていますが、終活の多くが、遺言・相続、葬儀、お墓、老人ホームの話に終始しているため、大病を患い、余命の宣告を受けた後、どのように延命や尊厳死の意思決定をすればいいのかわからない方や事前指示書はどう作成すればいいのかわからないという方は多数います。現在、尊厳死や延命医療中止の法律はなく、判例は、本人の意思決定を重要な要素とし、厚生労働省も患者本人による決定を基本としています。これまで終末期医療の現場では、患者の意思決定がわからない状態での医療行為が問題となりました。医師は刑事訴追を恐れ、患者の尊厳死の意思決定がわからなければ、延命措置を取らざるをえません。医師の多くは、患者に事前指示書を作成して尊厳死の意思決定を明確にしてほしいと考えています。しかし、終末期をむかえた老老介護の方や独居高齢者の患者は相談相手も、頼る相手も、誰もいません。医師からの病状説明は理解が難しく、質疑応答もうまくできません。病気に関すること、治療について、そして、最期は延命か、尊厳死かといった難しいことは、判断が極めて困難です。死に対する逡巡や嫌悪感、さらに、病状の理解等に苦しみ事前指示書の作成ができない患者が多数います。そして、患者の意思決定がかわらなければ医師は刑事訴追を恐れ、延命措置に入ります。このような負の連鎖を断ち切るために私は、医療代理人業務に取り組んでいます。終末期の意思決定は判断能力があるうちにしなければなりません。人生の最期の時間は大切です。終末期をむかえ老老介護の方や独居高齢者の方で、相談相手も頼る人も誰もいない患者の方、また、延命や尊厳死の決断に苦しんでいる患者の方は当事務所をご利用ください。

料金確認/問い合わせ

ピックアップ プロ

PickUP
  • 寺澤仁 行政書士

    寺澤仁

    行政書士

    【在留資格(ビザ)に特化】申請でお困りの方はご相談ください!
    • 外国人在留・ビザ
    • 会社設立
    • 各種許認可申請
    • 遺言・遺産相続
  • 事務所:
    ハイフィールド行政書士法人
    最寄り駅:
    北仙台駅 / 北四番丁駅 / 勾当台公園駅
    住所:
    宮城県仙台市青葉区二日町13番22-505号
PickUP
  • 岡村陽造 行政書士

    岡村陽造

    行政書士

    【広畑駅徒歩約4分】お客様の笑顔が私の喜びです【姫路市】
    • 公正証書遺言
    • 建設業
    • 在留資格認定証明書
  • 事務所:
    岡村陽造事務所
    最寄り駅:
    広畑駅 / 山陽天満駅 / 夢前川駅
    住所:
    兵庫県姫路市広畑区高浜町1丁目108-1