相談事例/実績

一覧に戻る

外国人在留・ビザ > 在留資格認定証明書

本人申請による「日本人の配偶者等」認定証明書不交付からのリカバー

Wさんは、30歳下の中国在住の方と結婚され、ご本人で在留資格「日本人の配偶者等」の認定証明書交付申請を行いましたが、残念ながら不交付となってしまいました。  その後、当事務所にご相談頂きました。Wさんから、入国管理局からの不交付理由の説明と実際の状況をヒアリングした結果、Wさん及びご家族の財産上の問題を指摘しました。  その点を詳細に説明した文書を作成の上、再申請を行ったところ、無事に認定証明書の交付を受けることができました。

寺澤仁 行政書士の対応

寺澤仁
一般的に、不許可・不交付からのリカバーは、入国管理局の審査が厳しくなる傾向があるため、許可・交付を受けるのが難しくなります。 当事務所では、経験と情報を活かして、クライアントの問題点を指摘し、最善の方法をご提案します。