相談事例/実績

一覧に戻る

各種許認可申請 > 飲食業

飲食店の出店と賃貸借契約について

飲食店を出店するにあたり、店舗を賃借して出店するのだが、「居抜き」契約はどのように対処すればよいか。その他留意点について。

越川智幸 行政書士の対応

越川智幸
店舗区画を賃借して出店する場合には、定期建物賃貸借契約という終了期間が定められる契約となることがあります。加えて、以前に入居していた店舗の厨房設備や什器備品等を、いわゆる「居抜き」として、購入するケースがあります。 その場合、この「居抜き」として購入する資産が何であるか、明確にしておく必要があります。仮に、明確でない場合、定期建物賃貸借契約の終了する退去時において、原状回復費用の負担額について、疑義が生じるケースがあります。  賃貸借契約の賃料水準だけでなく、様々なコストを総合して、出店収支計画を検討しておくことが重要です。  当事務所は、宅地建物取引に精通しているため、具体的な契約内容を精査の上で、適切な対処がなされました。

ピックアップ プロ

PickUP
  • 山下清徳 行政書士

    山下清徳

    行政書士

    【埼玉県大宮駅徒歩8分】遺言書・許認可・人事労務コンサルなら
    • 公正証書遺言
    • 成年後見
    • 労働問題
    • 中小企業支援
    • 会社設立
  • 事務所:
    山下行政・労務コンサルティング
    最寄り駅:
    大宮駅(埼玉) / さいたま新都心駅 / 北大宮駅
    住所:
    埼玉県さいたま市大宮区仲町3丁目105千鳥ビル5階
PickUP
  • 那須隆行 行政書士

    那須隆行

    行政書士

    お客様に『成功』をお届けしたい【酒販免許・法人設立に特化】
    • 酒類販売業
    • 会社設立
    • 各種許認可申請
    • その他
    • 建設業
  • 事務所:
    ミライ行政書士法人
    最寄り駅:
    国際センター駅 / 名古屋駅 / 名鉄名古屋駅
    住所:
    愛知県名古屋市西区那古野二丁目13番14号