ニューストピックス

一覧に戻る

会社設立
会社・法人登記
コンサルティング
会社設立・支援

株式会社と合同会社の違いって?会社を作るならどっちがいい?

2018年12月19日

会社を作るなら「株式会社」と「合同会社」のどちらがいいのでしょうか?それぞれの特徴や違い、メリット・デメリットを正しく知って、理想の形の会社設立をめざしましょう。

この記事を詳しく見る

安田勝 行政書士によるコメント

安田勝
個人事業から法人成り、あるいは起業の際に、どのような法人格に すべきかは、組織運営・費用・対象顧客など様々な要素がからみ合い、一概に判断ができないかと思います。 ただひとつの判断方法として、顧客が一般顧客(エンドユーザー)の場合なら合同会社を、顧客が法人であれば株式会社をお薦めしております。 なぜなら、顧客が法人の場合は信用が第一であり、まだまだ一般の会社は株式会社という組織形態に信頼を寄せており、金融機関も株式会社の方が融資しやすいという面があるからです。 逆に、一般顧客の場合は、購入する商品・サービスが合同会社のものであろうが株式会社のものであろうが、あまり購入の意思決定に関係がないため、設立費用が圧倒的に安い合同会社をお薦めしています。