相談事例/実績

一覧に戻る

会社設立 > 株式会社設立

各種許認可申請も含む会社設立支援事例

会社員B様(40代未婚男性) ・現在勤務中している会社の社長より支援を受け、新たに株式会社設立を行う予定 ・B様は通常業務があるため、会社設立の手続きを行う時間が取れない

安田勝 行政書士の対応

安田勝
【結果】 会社設立、許認可の手続きは問題なく終了し、補助金申請や販売促進のご相談、また別途新たな会社設立のご依頼をいただきました。 【詳細な対応内容】 ①事業内容によって他の法人形態が適切な場合もある為、  どのような事業を行うのかしっかりとヒアリング。 ②予定取引先が法人でない為、設立費用が安価な  合同会社設立を提案。  しかし、将来的には法人相手のビジネスになり得るという  判断より、株式会社設立となる ③取扱う商品について、許認可が必要である為、  会社設立を行った後に許認可手続きの必要性を説明。 ④古物を扱うときは、何が古物で何が古物出ないかの判断は  注意が必要であることをお伝えした。