豊川市で就業規則を扱う社会保険労務士検索

1-1名を表示 / 全1

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
熊谷篤 社会保険労務士

熊谷篤

社会保険労務士

助成金をきっかけに働き方改革を応援します!

助成金申請には就業規則の整備が必須です。社員を縛り付ける就業規則ではなく従業員自らが楽しく生きがいを持って働けるような戦略的な就業規...

  • 助成金申請
  • 各種社内規定
  • 労働時間
事務所:
熊谷経営労務パートナーズ
最寄り駅:
豊川駅(愛知) / 豊川稲荷駅 / 稲荷口駅
住所:
愛知県豊川市谷川町洞138番地 花の庵2階

豊川市で1名の就業規則を扱う社会保険労務士が見つかりました。豊川駅(愛知)や豊川稲荷駅や稲荷口駅を最寄り駅としている社会保険労務士がいます。助成金・補助金、人事労務管理、就業規則を扱う熊谷経営労務パートナーズの熊谷篤社会保険労務士が活躍しています。「教育大学を卒業後、新車ディーラーなど自動車関連業界に計14年間従事した経験を生かし、採用・教育・制度構築などの面から業界の発展に貢献」というプロフィールの方もいます。もしも豊川市に希望の社会保険労務士が見つからなかったら近隣のエリアも検索してみてください。多くの士業は広いエリアに対応しているので、所在地以外でも対応可能です。

就業規則

就業規則には、始業時刻と終業時刻などの労働時間、休日・休暇制度、賃金の締日と支払日など、会社のルールとなる事項を記載する必要があります。また、変形労働時間制を取り入れる際も、就業規則または労使協定で定めておかなくてはなりません。この就業規則で定めた労働時間に沿って、従業員の就業管理・勤怠管理を行います。このように、就業規則は会社と従業員の間のトラブル防止のために、用意しておくことをおすすめします。 また、常時雇用する労働者が10名以上の場合、就業規則を作成して労働基準監督署へ提出することが義務となっています。しかし、助成金を申請する際などは就業規則が必要になるため、10名未満の職場でも作成しておくことが求められます。 労使間のトラブルを防止する目的もある就業規則を作成するには、法的な知識が必要になります。就業規則を作成する場合は、専門家である社会保険労務士へ相談することをおすすめします。エキテンプロなら、就業管理・就業規則に詳しい社会保険労務士へ今すぐに相談できます。

社会保険労務士についての基礎知識

社労士の依頼相場

社労士に労務関連の業務や助成金申請手続きを初めて依頼するとき、現在依頼している労務顧問費用が適当かを確認したいときには、社労士の費用相場を正しく知る必要があります。社労士の報酬に関する知識と、業務ごとの費用相場について解説します。

社労士に相談する流れや手順

人事労務管理について相談をしたい場合や助成金申請などの手続き業務を社労士にまかせたい場合、どのような流れで相談・依頼をすればよいのかについて解説していきます。また、相談・依頼時に気をつけたいポイントについてもまとめています。

失敗しない社労士の選び方・探し方

煩雑な人事労務関連業務。できることならプロである社会保険労務士にまかせたいと思う経営者も多いはず。大切な業務を社労士に依頼するとき、どのように探して、どんな基準で選べばよいのでしょうか?後から不満を持たないようにするための、よい社労士を探すポイントについて解説していきます。

社労士に相談するメリット

給料計算や労働問題の解決など労務に関する業務にはさまざまなものがあります。社労士にはどのようなことを相談・依頼することができるのでしょうか、また、相談・依頼するとどのようなメリットがあるのかについて解説します。