富山県で交通事故を扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
川西孝昭 行政書士

川西孝昭

行政書士

外国人ビザ申請/起業/許可申請/相続は川西行政書士事務所へ。

【豊富な実績。交通事故自賠責保険の請求、後遺障害認定の異議申立て】 保険会社の言われるまま後遺障害の申請をしたが、「該当しない」と...

  • 外国人在留・ビザ
  • 各種許認可申請
  • 遺言・遺産相続
  • 会社設立
  • 交通事故
  • 公正証書
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 本店移転
  • 役員変更
  • 定款・商号変更
  • ...
事務所:
川西行政書士事務所
最寄り駅:
稲荷町駅(富山) / 富山駅
住所:
富山県富山市稲荷元町2-10-5 スタッフインビル2F
仙波芳一 行政書士

仙波芳一

行政書士

北陸初、富山県唯一の、著作権専門資格を保有する行政書士。 補助金、創業融資などのお金の悩みも解決しています。 昭和48年(1...

  • 著作権登録
  • 補助金・助成金
  • 遺言書
  • 会社設立
  • 外国人在留・ビザ
  • 自動車登録・車庫証明
  • 各種許認可申請
  • 公正証書
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 定款・商号変更
  • ...
事務所:
ひばり行政書士事務所
最寄り駅:
越中大門駅 / 呉羽駅
住所:
富山県射水市戸破5138

富山県で2名の交通事故を扱う行政書士が見つかりました。稲荷町駅(富山)や富山駅を最寄り駅としている行政書士がいます。外国人在留・ビザ、各種許認可申請、遺言・遺産相続、会社設立、交通事故、各種証明手続を扱う川西行政書士事務所の川西孝昭行政書士や、知的財産権保護、中小企業支援、遺言・遺産相続、会社設立、外国人在留・ビザ、自動車登録、各種許認可申請、各種証明手続を扱うひばり行政書士事務所の仙波芳一行政書士が活躍しています。「「カバン、看板、地盤なし(当時27歳)」から、皆さまに支えられ7年目。アピア前(稲荷元町)の行政書士事務所。専業の川西孝昭です。 」というプロフィールの方や、「北陸初、富山県唯一の、著作権専門資格を保有する行政書士。 補助金、創業融資などのお金の悩みも解決しています。 昭和48年(1」というプロフィールの方もいます。個人事業主のみなさま、経営者やバックオフィス担当者のみなさま。行政書士に相談してみませんか?富山県でプロを探してみましょう。

交通事故

交通事故に遭って被害者となった場合、通院だけでなく、保険会社とのやり取りや様々な手続きが必要になります。示談交渉は保険会社と行い、症状に応じて損害賠償や慰謝料が支払われることが一般的です。しかし、過失割合や後遺障害等級の認定に納得できないという場合は、解決までにかかる時間は長期化してしまいます。 また、どこに相談していいかわからないということも多いと思います。そのような場合、交通事故に特化した行政書士へ相談することで、書類のやり取りだけで解決に至るケースもあります。例えば、自賠責保険の請求書の作成、後遺障害等級認定の異議申立書の作成、示談書の作成のほか、過失割合の調査もまかせられます。 交通事故後の手続きに不安を感じたら、交通事故対応に詳しい行政書士への相談をおすすめします。複雑な書類の作成は行政書士にまかせ、治療に専念することもできます。エキテンプロでは納得のいく問題解決をお手伝いできる行政書士を見つけることができます。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは少なくありません。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくありません。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者は少なくありません。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。