杉並区で中小企業支援を扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
原田豊 行政書士

原田豊

行政書士

「協働契約」により事業目標を実現!

●中小事業者向け「契約書の作成~締結~管理」支援業務: ・「業務委託契約書」作成、「契約書」適正チェック。 ・「契約締結」代理、...

  • 企業再生支援
  • 著作権登録
  • 遺言・遺産相続
事務所:
行政書士アーク総合
最寄り駅:
東高円寺駅 / 中野富士見町駅 / 新中野駅
住所:
東京都杉並区和田3丁目6番19号

相談事例/実績

前回契約から30年を迎える大家さんから、「世間相場に比較して、現状賃料はあまりにも安い!値上げしてもらおう」との思い強く、契約書作成・契約締結の相談。(期限切れ...

カワムラ行政書士事務所 河村修一 行政書士

カワムラ行政書士事務所 河村修一

行政書士

中高齢者や介護者のための副業、起業、会社設立、遺言・相続等

1991年兵庫県立神戸商科大学卒業後、内外資生命保険会社にて営業・財務・法務・マーケティング業務に携わる。 2011年介護者専門ファ...

  • 合同会社設立
  • 株式会社設立
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 著作権
  • 事業承継
  • 補助金・助成金
  • 著作権登録
  • 建設業
  • 古物商
  • 飲食業
  • ...
事務所:
カワムラ行政書士事務所
最寄り駅:
西荻窪駅 / 久我山駅 / 荻窪駅
住所:
東京都杉並区宮前3-34-9

杉並区で2名の中小企業支援を扱う行政書士が見つかりました。東高円寺駅や中野富士見町駅や新中野駅を最寄り駅としている行政書士がいます。中小企業支援、知的財産権保護、遺言・遺産相続を扱う行政書士アーク総合の原田豊行政書士や、会社設立を扱うカワムラ行政書士事務所のカワムラ行政書士事務所 河村修一行政書士が活躍しています。「 電機メーカにおいて生産管理8年、支社支店の販売業務11年、地域開発営業10年、経理(売掛債権管理、回収)業務7年と専ら現場一線実務」というプロフィールの方や、「1991年兵庫県立神戸商科大学卒業後、内外資生命保険会社にて営業・財務・法務・マーケティング業務に携わる。 2011年介護者専門ファ」というプロフィールの方もいます。杉並区に希望の行政書士がいましたらお問い合わせフォームからご連絡してみてください。

中小企業支援

創業補助金、ものづくり補助金、海外展開補助金、まちづくり補助金など、中小企業の経営・事業活動を支援する補助金の導入を検討されている経営者様も多いと思います。補助金の申請は複雑で、さまざまな要件を満たす必要があります。 例えば「創業補助金」の場合、事業計画書を「認定支援機関」とともに作成する必要があります。認定支援機関とは、金融機関または金融機関と連携した行政書士などで、補助金や経営について相談できる窓口としても機能しています。この認定支援機関に、事業計画の実効性の確認を受けなければ、補助金の申請をすることができません。 補助金は中小企業の味方になってくれる頼もしい制度ですが、受給要件を満たし、提出書類を漏れなくそろえる必要があります。行政書士は官公署に提出する書類作成、権利義務・事実証明に関する書類作成の専門家です。経営・事業活動に関するアドバイザーとして、中小企業の支援を行うこともできます。補助金・助成金について相談できる行書士は、エキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。