千代田区で中小企業支援を扱う行政書士検索

1-5名を表示 / 全5

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
中川恒二 行政書士

中川恒二

行政書士

皆様の生活のファシリテーターであれるように

大学でソーシャル・ワークを学び、精神科ソーシャル・ワーカーの国家資格である精神保健福祉士を取得する。(より一般的なソーシャル・ワーカ...

  • 遺言・遺産相続
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 定款・商号変更
  • 連帯保証人
  • 生活保護
  • ワンクリック詐欺
  • 出会い系サイト
  • クーリングオフ
  • 詐欺被害
  • 賃貸トラブル
  • ...
事務所:
行政書士西神田事務所
最寄り駅:
水道橋駅 / 神保町駅 / 九段下駅
住所:
東京都千代田区西神田2-7-6 川合ビル27
吉澤順一 行政書士

吉澤順一

行政書士

ものづくり補助金や小規模事業者持続化補助金、創業補助金や経営革新計画の策定など資金調達のお手伝いをしております。

  • 会社設立
  • 中小企業支援
  • 経理・事務代行
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 経営革新計画
  • 補助金・助成金
  • 建設業
  • 運送事業
  • 介護タクシー事業
  • 入札参加資格審査
  • ...
事務所:
行政書士吉澤法務会計事務所
最寄り駅:
御茶ノ水駅 / 新御茶ノ水駅 / 小川町駅(東京)
住所:
東京都千代田区外神田2-1-4松住町別館309
岡部眞明 行政書士

岡部眞明

行政書士

「経営がうまくいかない」 「どうやったら売り上げがアップするのか」 当事務所ではテクニックやアドバイスだけではなく、経営を根...

  • 中小企業支援
  • 会社設立
  • 遺言・遺産相続
事務所:
岡部コンサルタンツ
最寄り駅:
竹橋駅 / 神保町駅 / 大手町駅(東京)
住所:
東京都千代田区神田錦町3-21
霜村直人 行政書士

霜村直人

行政書士

行政書士試験に合格後、大手行政書士法人にて勤務し、その後2010年3月に独立。現在に至る。主な取扱い職務、「在留資格関係」、「帰化許...

  • 外国人在留・ビザ
  • 株式会社設立
  • 定款・商号変更
  • セクハラ
  • パワハラ
  • 給料未払い
  • 退職強要
  • 転勤
  • 転職
  • 労災認定
  • ブラック企業
  • ...
事務所:
行政書士事務所FREEDOM
最寄り駅:
岩本町駅 / 新日本橋駅 / 小伝馬町駅
住所:
東京都千代田区神田紺屋町34番地 東和神田ビル5階(502)
五十部紀英 行政書士

五十部紀英

行政書士

弁護士法人・税理士法人などグループ間の連携が強みです。

【主要業務】 01. 法人設立 定款作成、各種議事録等の書類作成、アドバイス等 02. 宅建業免許取得 ...

  • 各種許認可申請
  • 外国人在留・ビザ
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 本店移転
  • 役員変更
  • 定款・商号変更
  • 会社解散・清算結了
  • 過払い金
  • 連帯保証人
  • 生活保護
  • ...
事務所:
行政書士法人 ADVANCE ASC
最寄り駅:
有楽町駅 / 銀座一丁目駅 / 銀座駅
住所:
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10F

千代田区で5名の中小企業支援を扱う行政書士が見つかりました。水道橋駅や神保町駅や九段下駅を最寄り駅としている行政書士がいます。遺言・遺産相続を扱う行政書士西神田事務所の中川恒二行政書士や、会社設立、中小企業支援、経理・事務代行を扱う行政書士吉澤法務会計事務所の吉澤順一行政書士や、中小企業支援、会社設立、遺言・遺産相続を扱う岡部コンサルタンツの岡部眞明行政書士が活躍しています。「大学でソーシャル・ワークを学び、精神科ソーシャル・ワーカーの国家資格である精神保健福祉士を取得する。(より一般的なソーシャル・ワーカ」というプロフィールの方や、「「法人設立」「会計記帳代行」「資金調達」「許認可申請」など中小企業支援を中心業務としています。「なんでも話せる良き相談相手」として皆」というプロフィールの方や、「ひとりで抱えて、行き詰まっていませんか? 皇居近くに事務所を構える経営のパートナー! ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽」というプロフィールの方もいます。士業はハードルが高いとお考えではありませんか?千代田区には気軽に相談できる行政書士が数多く存在します。

中小企業支援

創業補助金、ものづくり補助金、海外展開補助金、まちづくり補助金など、中小企業の経営・事業活動を支援する補助金の導入を検討されている経営者様も多いと思います。補助金の申請は複雑で、さまざまな要件を満たす必要があります。 例えば「創業補助金」の場合、事業計画書を「認定支援機関」とともに作成する必要があります。認定支援機関とは、金融機関または金融機関と連携した行政書士などで、補助金や経営について相談できる窓口としても機能しています。この認定支援機関に、事業計画の実効性の確認を受けなければ、補助金の申請をすることができません。 補助金は中小企業の味方になってくれる頼もしい制度ですが、受給要件を満たし、提出書類を漏れなくそろえる必要があります。行政書士は官公署に提出する書類作成、権利義務・事実証明に関する書類作成の専門家です。経営・事業活動に関するアドバイザーとして、中小企業の支援を行うこともできます。補助金・助成金について相談できる行書士は、エキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。