津久井浜駅で会社設立を扱う行政書士検索

0

周辺の行政書士
渡邊寛 行政書士

渡邊寛

行政書士

株式会社、合同会社、一般社団(財団)法人、NPO法人の設立業務を支援致します。

  • 遺言・遺産相続
  • 各種許認可申請
  • 会社設立
事務所:
渡辺寛行政書士事務所
最寄り駅:
馬堀海岸駅 / 浦賀駅 / 京急大津駅
住所:
神奈川県横須賀市浦賀2丁目7番14号
五十嵐陽平 行政書士

五十嵐陽平

行政書士

情報は権力であって情報は悟りです。

経営コンサルタント 日本はまもなく未曾有の恐慌に突入します。 特に国内市場は、人口減少ということもありますます縮小していくこ...

  • 就労資格証明書
  • 遺産分割協議書
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 本店移転
  • 役員変更
  • 定款・商号変更
  • 会社解散・清算結了
  • 過払い金
  • 連帯保証人
  • 生活保護
  • ...
事務所:
アドボカシー行政事務所
最寄り駅:
浦賀駅 / 京急大津駅 / 馬堀海岸駅
住所:
神奈川県横須賀市浦上台2-4-2-207, 横須賀市
立花信一 行政書士

立花信一

行政書士

知財活用、遺言書作成、会社設立ならお任せください!!

自らも行政書士という資格を生かしたシニア起業を行い、起業こそが生涯現役でいたい、退職後の人生を有意義に過ごしたいという願望を実現でき...

  • 知的財産権保護
  • 遺言・遺産相続
  • 会社設立
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 補助金・助成金
  • 著作権登録
  • 特許権・商標権移転
  • 実施権登録
  • ...
事務所:
行政書士立花信一事務所
最寄り駅:
中央林間駅 / つきみ野駅 / 南林間駅
住所:
神奈川県大和市中央林間1-20-16-404

ニューストピックス

会社設立
会社・法人登記
コンサルティング
会社設立・支援

株式会社と合同会社の違いって?会社を作るならどっちがいい?

合同会社は、株式会社と比べて、設立にかかるコストが安いこと、意志決定方法や利益の配分が出資比率によらず自由に決められるメリットがあります。しかし、まだ社会的には...

三宅充 行政書士

三宅充

行政書士

許認可申請まかせて安心!暮らしの不安や悩み事解消!

株式会社等法人設立・起業支援はプロにまかせて本業に専念!

  • 会社設立
  • 各種許認可申請
  • 遺言・遺産相続
事務所:
行政書士三宅充事務所
最寄り駅:
蒔田駅 / 吉野町駅
住所:
神奈川県横浜市南区蒔田町977-20-903
藤原和重 行政書士

藤原和重

行政書士

はじめての医療法人設立は専門家にお任せ下さい!

はじめまして。行政書士の藤原です。 医療法人設立の専門家としてあなたを協力にバックアップ致します。 ・忙しくて医療法人設立手...

  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 本店移転
  • 役員変更
  • 定款・商号変更
  • 会社解散・清算結了
  • 事業承継
  • 経営革新計画
  • 補助金・助成金
  • 建設業
  • 古物商
  • ...
事務所:
行政書士オフィス天晴
最寄り駅:
向ヶ丘遊園駅 / 登戸駅 / 宿河原駅
住所:
神奈川県川崎市多摩区登戸2973 手塚ビル301

津久井浜駅の周辺で会社設立を扱う行政書士が見つかりました。津久井浜駅では神奈川県行政書士会 横須賀三浦支部などに所属している行政書士が事務所を構えています。馬堀海岸駅や浦賀駅や京急大津駅を最寄り駅としている行政書士がいます。遺言・遺産相続、各種許認可申請、会社設立を扱う渡辺寛行政書士事務所の渡邊寛行政書士や、外国人在留・ビザ、遺言・遺産相続、会社設立を扱うアドボカシー行政事務所の五十嵐陽平行政書士や、知的財産権保護、遺言・遺産相続、会社設立を扱う行政書士立花信一事務所の立花信一行政書士が活躍しています。「東京都杉並区出身 33年余の航空自衛隊の指揮官・幕僚としての勤務経験及びその間の多くの人々との関わりを基に、平成17年に行政書士登録」というプロフィールの方や、「パラリーガルや調査員を経て開業いたしました。 」というプロフィールの方や、「50代で元勤務していた会社の同僚の多くがリストラされた姿を見て、起業を決意。 起業のお手伝いとなる会社設立ができる行政書士に興味を」というプロフィールの方もいます。津久井浜駅で相談してみても良いかなと感じた行政書士がいましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。行政書士もあなたのお問い合わせを待っています。

会社設立

建設業、飲食業、運送業など、許認可が必要な業種での起業をお考えの場合は、会社設立に詳しい行政書士へ依頼することをおすすめします。 また、株式会社や合同会社などを設立する際は、定款の作成が必要になります。定款は会社の憲法とも呼ぶべきもので、会社の根本規則を定めています。定款の作成には絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項など記載すべき事柄が決められており、規定を欠くと定款が無効となってしまうこともあります。そうならないためにも、専門家である行政書士へ相談することをおすすめします。 許認可の申請、定款などの書類作成は、時間と労力を要する大変な作業です。この作業を専門家である行政書士にまかせれば、会社設立後の事業展開について注力する時間を確保することができます。また、会社の運営についても相談できる心強いパートナーとしても頼れることでしょう。会社設立について今すぐ相談できる行政書士はエキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。