弥刀駅で外国人在留・ビザを扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
北山孝次 行政書士

北山孝次

行政書士

北山・藤村共同事務所は、建設業と建設関連業務のアドバイザー

1984年 行政書士登録 大阪府行政書士会入会後、東大阪支部支部長、大阪府行政書士会理事、副会長、会長を歴任、日本行政書士会連合会会...

  • 各種許認可申請
  • 株式会社設立
  • 帰化申請
  • 古物商
  • 産業廃棄物収集運搬・処理
  • 宅建業
  • 運送事業
  • 入札参加資格審査
事務所:
行政書士北山・藤村共同事務所
最寄り駅:
長瀬駅 / JR長瀬駅 / 弥刀駅
住所:
大阪府東大阪市吉松2丁目11-33
正田修造 行政書士

正田修造

行政書士

行政書士と社会保険労務士のW資格で会社設立から運営までをトー

【外国人の方の在留許可・帰化申請から雇用問題まで】 さまざまな理由でご自身での申請に不安を抱えていらっしゃる方や、ご本人が入国管理...

  • 会社設立
  • 建設業
  • 外国人在留・ビザ
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 遺産整理
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 在留資格認定証明書
  • 在留資格更新・変更
  • 永住許可
  • ...
事務所:
行政書士正田事務所
最寄り駅:
長瀬駅 / 弥刀駅 / JR長瀬駅
住所:
大阪府東大阪市小若江3丁目10番27号

弥刀駅で2名の外国人在留・ビザを扱う行政書士が見つかりました。長瀬駅やJR長瀬駅や弥刀駅を最寄り駅としている行政書士がいます。各種許認可申請を扱う行政書士北山・藤村共同事務所の北山孝次行政書士や、会社設立、各種許認可申請、外国人在留・ビザを扱う行政書士正田事務所の正田修造行政書士が活躍しています。「1984年 行政書士登録 大阪府行政書士会入会後、東大阪支部支部長、大阪府行政書士会理事、副会長、会長を歴任、日本行政書士会連合会会」というプロフィールの方や、「【名前】 正田 修造 -SYODA SYUZO- 【生年】 昭和33年2月生まれ 【所有資格】 ・行政書士(登録番」というプロフィールの方もいます。士業はハードルが高いとお考えではありませんか?弥刀駅には気軽に相談できる行政書士が数多く存在します。

外国人在留・ビザ

外国人が日本で働く、暮らす、学ぶなど、旅行以外の目的で滞在するためには、ビザが必要になります。ビザを取得するには、必要な書類を集め、申請書等を作成し、入国管理局へ出向いて手続きをする必要があります。 提出した書類をもとに審査が行われるので、不備や不足のないように準備することが求められます。万が一、不備や不足があった場合には「不許可」となり、ビザを取得することができません。確実なビザ取得を目指すなら、外国人の在留資格・ビザ申請に特化した行政書士への相談をおすすめします。行政書士へ依頼することで、書類を準備する手間が省けるだけでなく、入国管理局での手続きもまかせられます。また、審査のポイントを押さえた書類を作成することで、許可取得の確率が高くなることも期待できます。 また、すでに日本に在留している外国人でも、再入国許可、資格外活動許可、在留資格更新・変更、在留資格認定許可、永住許可、帰化申請など、様々な申請を行う必要があります。外国人の在留資格・ビザ申請に詳しい行政書士は、エキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。