二和向台駅で各種許認可申請を扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
高橋栄登 行政書士

高橋栄登

行政書士

建設業許可申請を中心に各種許認可申請業務を取り扱っております。「親切・丁寧」をモットーにご対応させていただきます。

  • 建設業
  • 会社設立
  • 遺言・遺産相続
  • 古物商
  • 産業廃棄物収集運搬・処理
  • 宅建業
  • 農地転用・開発許可
  • 入札参加資格審査
事務所:
高はし行政書士事務所
最寄り駅:
滝不動駅 / 三咲駅 / 二和向台駅
住所:
千葉県船橋市二和東3丁目1番7号
増田晋一 行政書士

増田晋一

行政書士

貴方のお役に立てる鎌ヶ谷大仏の増田行政書士事務所

建設業従事36年の経験を生かして、建設業許認可取得のお役に立てます。

  • 遺言・遺産相続
  • 各種許認可申請
  • 会社設立
事務所:
増田行政書士事務所
最寄り駅:
鎌ヶ谷大仏駅 / 鎌ヶ谷駅 / 二和向台駅
住所:
千葉県鎌ケ谷市東初富6-7-25友輝ビル202

二和向台駅で2名の各種許認可申請を扱う行政書士が見つかりました。滝不動駅や三咲駅や二和向台駅を最寄り駅としている行政書士がいます。各種許認可申請、会社設立、遺言・遺産相続を扱う高はし行政書士事務所の高橋栄登行政書士や、遺言・遺産相続、各種許認可申請、会社設立を扱う増田行政書士事務所の増田晋一行政書士が活躍しています。「10年超接客業に従事していました。「傾聴」を大切に、親切丁寧をモットーにご対応させていただきます。」というプロフィールの方や、「1958年兵庫県尼崎市生まれの元関西人です。囲碁・将棋・映画鑑賞・相撲観戦・ゴルフ・スポーツジム・カジノ(ブラックジャック)等の多彩」というプロフィールの方もいます。エキテンプロには士業の有資格者たちが数多く集まっています。二和向台駅でもあなたに合った行政書士をぜひ検索してみましょう。

各種許認可申請

脱サラして飲食店を始めたい、ファッションに特化したリサイクルショップを始めたい、介護タクシーを導入してサービスを拡充したいなど、新たに事業を始める際には様々な許認可が必要になる場合があります。 業種によって様々ですが、国や地方自治体への申請・届出が必要となり、一定の基準を満たす書類が求められます。要件が複雑なものや複数の書類を揃える必要があるなど、許認可申請には専門的な知識が必要になります。多くの時間と労力をかけても、不備があっては許認可を得ることはできません。 許認可申請にお悩みの場合は、専門家である行政書士へ相談することをおすすめします。専門家である行政書士なら、書類作成から申請・届出までの手続きをまかせることができます。本来の業務に注力しながら、新しい事業へもスムーズに取り掛かれることもメリットです。また、許認可申請が必要かどうかも相談することができます。各種許認可の申請に強い行政書士は、エキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。

二和向台駅で行政書士が開催予定のセミナー
開催予定

2018年10月12日 10時30分

千葉県船橋市湊町2-12-24 湊町日本橋ビル5F

その他
独立/起業
不動産

無料セミナー「適法民泊を始める方法」

◇概要 近年、政府の予想を上回る訪日外国人の増加に対し、 宿泊施設数が追い付いていない状態です。 新聞報道によりますと、最近、違法民泊の撤退が進んでいて、...