駿東郡小山町で中小企業支援を扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
羽佐田孔司 行政書士

羽佐田孔司

行政書士

どんなご依頼もお気軽に!話しやすくて気さくな行政書士

【返済不要な補助・助成金を活用しましょう】 補助金や助成金の認定には要件がありますが、それをクリアしている場合、 申請せずに...

  • 遺言・遺産相続
  • 不動産トラブル
  • 中小企業支援
  • 会社設立
事務所:
羽佐田孔司行政書士事務所
最寄り駅:
駿河小山駅 / 足柄駅(静岡) / 谷峨駅
住所:
静岡県駿東郡小山町小山770
長田怜也 行政書士

長田怜也

行政書士

中小企業支援から暮らしのお悩みまでトータルサポート

会社の強みを活かした経営、知的資産経営で、会社の更なる発展をサポートいたします。 また、経営革新計画の策定、補助金の申請など、企業...

  • 経営革新計画
  • 遺言・遺産相続
  • 会社設立
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 定款・商号変更
  • 遺言書
  • 自動車名義変更
  • 在留資格認定証明書
  • 在留資格更新・変更
  • 在留カード交付申請
  • ...
事務所:
きたごう行政書士事務所
最寄り駅:
御殿場駅 / 足柄駅(静岡) / 駿河小山駅
住所:
静岡県駿東郡小山町一色1537

駿東郡小山町で2名の中小企業支援を扱う行政書士が見つかりました。駿河小山駅や足柄駅(静岡)や谷峨駅を最寄り駅としている行政書士がいます。遺言・遺産相続、不動産トラブル、中小企業支援、会社設立を扱う羽佐田孔司行政書士事務所の羽佐田孔司行政書士や、中小企業支援、遺言・遺産相続、会社設立を扱うきたごう行政書士事務所の長田怜也行政書士が活躍しています。「地方自治体で40年勤務した経験を活かし、 お客様にご納得いただけるご提案となるよう心掛けております。 「あなたの街の法律家」」というプロフィールの方や、「名前の由来は「怜(かしこく)」「也(なる)」 生まれも育ちも静岡県の小山町。 東京でマーケティング、広報業務に従事していた経験を」というプロフィールの方もいます。個人事業主のみなさま、経営者やバックオフィス担当者のみなさま。行政書士に相談してみませんか?駿東郡小山町でプロを探してみましょう。

中小企業支援

創業補助金、ものづくり補助金、海外展開補助金、まちづくり補助金など、中小企業の経営・事業活動を支援する補助金の導入を検討されている経営者様も多いと思います。補助金の申請は複雑で、さまざまな要件を満たす必要があります。 例えば「創業補助金」の場合、事業計画書を「認定支援機関」とともに作成する必要があります。認定支援機関とは、金融機関または金融機関と連携した行政書士などで、補助金や経営について相談できる窓口としても機能しています。この認定支援機関に、事業計画の実効性の確認を受けなければ、補助金の申請をすることができません。 補助金は中小企業の味方になってくれる頼もしい制度ですが、受給要件を満たし、提出書類を漏れなくそろえる必要があります。行政書士は官公署に提出する書類作成、権利義務・事実証明に関する書類作成の専門家です。経営・事業活動に関するアドバイザーとして、中小企業の支援を行うこともできます。補助金・助成金について相談できる行書士は、エキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。