さいたま市で外国人在留・ビザを扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
松野尾幸一 行政書士

松野尾幸一

行政書士

Kindness · polite · accurate

I will apply for a visa on behalf of you. You do not have to go t...

  • 外国人在留・ビザ
  • 会社設立
  • 遺言・遺産相続
事務所:
行政書士まつのお法務事務所 Matsunoo Office
最寄り駅:
与野本町駅 / 北与野駅 / さいたま新都心駅
住所:
埼玉県さいたま市中央区下落合5-10-5
都築美子 行政書士

都築美子

行政書士

なんでも気軽に相談できる専門家

28歳の時、ある一冊の本に出会い、衝撃を受けました。 勉強嫌いな私が、一念発起して、資格取得を目指し、勉強したくなるほどに。 ...

  • 遺言・遺産相続
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 自動車登録・車庫証明
  • 自動車名義変更
  • 廃車手続
  • 在留資格認定証明書
  • 在留資格更新・変更
  • 内容証明
  • 公正証書
  • 建設業
  • ...
事務所:
行政書士みやこ法務事務所
最寄り駅:
北与野駅 / さいたま新都心駅 / 与野本町駅
住所:
埼玉県さいたま市中央区上落合2丁目3番2号

さいたま市で2名の外国人在留・ビザを扱う行政書士が見つかりました。与野本町駅や北与野駅やさいたま新都心駅を最寄り駅としている行政書士がいます。外国人在留・ビザ、会社設立、遺言・遺産相続を扱う行政書士まつのお法務事務所 Matsunoo Officeの松野尾幸一行政書士や、遺言・遺産相続を扱う行政書士みやこ法務事務所の都築美子行政書士が活躍しています。「I am an immigration lawyer notified to Tokyo Immigration Bureau. 」というプロフィールの方や、「28歳の時、ある一冊の本に出会い、衝撃を受けました。 勉強嫌いな私が、一念発起して、資格取得を目指し、勉強したくなるほどに。 」というプロフィールの方もいます。士業はハードルが高いとお考えではありませんか?さいたま市には気軽に相談できる行政書士が数多く存在します。

外国人在留・ビザ

外国人が日本で働く、暮らす、学ぶなど、旅行以外の目的で滞在するためには、ビザが必要になります。ビザを取得するには、必要な書類を集め、申請書等を作成し、入国管理局へ出向いて手続きをする必要があります。 提出した書類をもとに審査が行われるので、不備や不足のないように準備することが求められます。万が一、不備や不足があった場合には「不許可」となり、ビザを取得することができません。確実なビザ取得を目指すなら、外国人の在留資格・ビザ申請に特化した行政書士への相談をおすすめします。行政書士へ依頼することで、書類を準備する手間が省けるだけでなく、入国管理局での手続きもまかせられます。また、審査のポイントを押さえた書類を作成することで、許可取得の確率が高くなることも期待できます。 また、すでに日本に在留している外国人でも、再入国許可、資格外活動許可、在留資格更新・変更、在留資格認定許可、永住許可、帰化申請など、様々な申請を行う必要があります。外国人の在留資格・ビザ申請に詳しい行政書士は、エキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。