大阪市で離婚を扱う行政書士検索

1-5名を表示 / 全5

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
西本 忠敬 行政書士

西本 忠敬

行政書士

月980円での法務顧問契約 個人向け顧問サービス

離婚した後、お子様がいらっしゃる場合に養育費を支払ってもらえるかどうか。これは切実な問題になります。厚生省の調査では、離婚の際に養育...

  • 死後事務委任契約
  • 離婚協議書
  • 内容証明
  • 連帯保証人
  • 生活保護
  • 遺産整理
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 成年後見
  • 著作権
  • クーリングオフ
  • ...
事務所:
南本町行政書士事務所
最寄り駅:
堺筋本町駅 / 本町駅 / 長堀橋駅
住所:
大阪府大阪市中央区南本町2-3-12
田村正道 行政書士

田村正道

行政書士

18年の実績を持つ田村行政書士事務所です。

  • 介護保険事業者・介護サービス事業者
  • 株式会社設立
  • 介護タクシー事業
  • 合同会社設立
  • 本店移転
  • 役員変更
  • 定款・商号変更
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 自動車登録・車庫証明
  • 自動車名義変更
  • ...
事務所:
田村行政書士事務所
最寄り駅:
北浜駅(大阪) / 谷町四丁目駅 / 天満橋駅
住所:
大阪府大阪市中央区釣鐘町1-1-1大宗ビル6階
大串真德 行政書士

大串真德

行政書士

予防法務の専門家、行政書士の大串真德と申します。 長年、弁護士事務所で事務員として勤務してきた経験から、事前に段取りをしておく...

  • 公正証書遺言
  • 遺産整理
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 成年後見
  • 在留資格認定証明書
  • 在留資格更新・変更
  • 在留カード交付申請
  • 資格外活動許可
  • 就労資格証明書
  • 永住許可
  • ...
事務所:
大串真德行政書士事務所
最寄り駅:
南森町駅 / 東梅田駅 / 大江橋駅
住所:
大阪府大阪市北区西天満6-7-4 大阪弁護士ビル603号
北林英之 行政書士

北林英之

行政書士

お話をお聞かせ下さい。じっくりお聞きいたします・

会社員を20年、会社経営を4年経験した後、行政書士事務所を開業いたしました。これまでの経験を皆様のお困りごとの解決に活用してまいりま...

  • 遺言・遺産相続
  • 外国人在留・ビザ
  • 知的財産権保護
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 定款・商号変更
  • 遺産整理
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 成年後見
  • 著作権
  • ...
事務所:
行政書士北林事務所
最寄り駅:
都島駅 / 野江内代駅 / 関目高殿駅
住所:
大阪府大阪市都島区高倉町3-1-21
大山悠太 行政書士

大山悠太

行政書士

関西でフットワークの軽い行政書士といえば私です!

大阪市中央区の行政書士です! 同志社大学法学部法律学科卒業後、不動産デベロッパーへ新卒入社。 主にマンションの開発、企画、営業を...

  • 遺言書
  • 各種許認可申請
  • 節税対策
  • 遺産分割協議
  • 成年後見
  • 著作権
  • 契約書
  • 知的財産権
  • 遺産整理
  • 遺産分割協議書
  • 成年後見
  • ...
事務所:
リンクス綜合法務行政書士オフィス
最寄り駅:
淀屋橋駅 / 北浜駅(大阪) / なにわ橋駅
住所:
大阪府大阪市中央区伏見町3-1-1淀屋橋アップルタワーレジデンス606

大阪市で5名の離婚を扱う行政書士が見つかりました。堺筋本町駅や本町駅や長堀橋駅を最寄り駅としている行政書士がいます。遺言・遺産相続、離婚、消費者被害を扱う南本町行政書士事務所の西本 忠敬行政書士や、各種許認可申請、会社設立、各種許認可申請を扱う田村行政書士事務所の田村正道行政書士や、遺言・遺産相続を扱う大串真德行政書士事務所の大串真德行政書士が活躍しています。「初めまして、当事務所のページをご覧いただき誠にありがとうございます。南本町行政書士事務所と申します。 この度、個人向け相談サービス」というプロフィールの方や、「た」というプロフィールの方や、「予防法務の専門家、行政書士の大串真德と申します。 長年、弁護士事務所で事務員として勤務してきた経験から、事前に段取りをしておく」というプロフィールの方もいます。大阪市で貴方が抱える悩みを解決してくれる行政書士をぜひ検索して見つけてみてください。

離婚

離婚をする際は、夫婦間で決めなければならないことがあります。慰謝料や財産分与などのお金に関する問題、養育費や親権など子どもに関する問題が、両者納得のいく形で解決できれば協議離婚が成立します。このような離婚時や離婚後の約束事を守ってもらうために、「離婚協議書」にまとめておく方法があります。 離婚協議書には、財産分与、慰謝料、年金分割のほか、未成年の子どもがいる場合は親権者、養育費、面接交渉の方法も記載します。離婚協議書は自分で作成することもできますが、内容の過不足や手続きの誤りがあった場合は、法的な証拠として無効となってしまいます。不利な条件で離婚してしまって、離婚後の生活に行き詰ってしまわないように、専門家である行政書士へ依頼することをおすすめします。 行政書士にまかせることで、離婚協議書の作成から公正証書化もまかせられます。慰謝料などで揉めている場合は弁護士のサポートが必要になりますが、離婚協議書の作成だけなら行政書士に依頼したほうが安く済む場合が多いです。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。