那覇市で会社設立を扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
城間恒浩 行政書士

城間恒浩

行政書士

相続は準備することで争いを予防できる~幸せな相続の準備~

沖縄県那覇市松尾の遺言・相続専門の行政書士。平成27年10月15日に行政書士として登録・開業。 1971年9月12日生の46歳。JA...

  • 遺言書
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 遺産分割協議書
  • 公正証書遺言
事務所:
行政書士ジャジー総合法務事務所
最寄り駅:
県庁前駅(沖縄) / 美栄橋駅 / 旭橋駅
住所:
沖縄県那覇市松尾1丁目15番7号 2階

相談事例/実績

80代のご高齢のご夫婦が死を身近なものとして感じる中で、財産の遺し方、お仏壇やお墓のことなどなどについて不安を感じておられたようです。 そんな中で、自分たちが...

長山 尚樹 行政書士

長山 尚樹

行政書士

沖縄県内どこへでもお伺いします。

建設業を中心に営業させていただいております。 その他許認可もお受けさせていただいておりますのでよろしくお願いいたします。

  • 建設業
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 古物商
  • 飲食業
  • 酒類販売業
  • 産業廃棄物収集運搬・処理
  • 風俗営業
  • 宅建業
  • 農地転用・開発許可
  • 入札参加資格審査
  • 各種営業許可
事務所:
長山行政書士事務所
最寄り駅:
奥武山公園駅 / 小禄駅 / 壺川駅
住所:
沖縄県那覇市字小禄525番地 丸徳アパート 3-C

那覇市で2名の会社設立を扱う行政書士が見つかりました。県庁前駅(沖縄)や美栄橋駅や旭橋駅を最寄り駅としている行政書士がいます。遺言・遺産相続を扱う行政書士ジャジー総合法務事務所の城間恒浩行政書士や、各種許認可申請を扱う長山行政書士事務所の長山 尚樹行政書士が活躍しています。「沖縄県那覇市松尾の遺言・相続専門の行政書士。平成27年10月15日に行政書士として登録・開業。 1971年9月12日生の46歳。JA」というプロフィールの方や、「建設業を中心に営業させていただいております。 その他許認可もお受けさせていただいておりますのでよろしくお願いいたします。」というプロフィールの方もいます。那覇市で相談してみても良いかなと感じた行政書士がいましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。行政書士もあなたのお問い合わせを待っています。

会社設立

建設業、飲食業、運送業など、許認可が必要な業種での起業をお考えの場合は、会社設立に詳しい行政書士へ依頼することをおすすめします。 また、株式会社や合同会社などを設立する際は、定款の作成が必要になります。定款は会社の憲法とも呼ぶべきもので、会社の根本規則を定めています。定款の作成には絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項など記載すべき事柄が決められており、規定を欠くと定款が無効となってしまうこともあります。そうならないためにも、専門家である行政書士へ相談することをおすすめします。 許認可の申請、定款などの書類作成は、時間と労力を要する大変な作業です。この作業を専門家である行政書士にまかせれば、会社設立後の事業展開について注力する時間を確保することができます。また、会社の運営についても相談できる心強いパートナーとしても頼れることでしょう。会社設立について今すぐ相談できる行政書士はエキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。