神戸市で経理・事務代行を扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
西田隆博 行政書士

西田隆博

行政書士

あなたのビジネスを「売れる仕組み」に変える!

・行政書士 ・知的資産経営認定士 大学卒業後、営業職を経て、司法書士法人、税理士法人に15年勤務。法律実務、会計実務の面から...

  • 建設業
  • 経営革新計画
  • 会社設立
  • 事業承継
  • ライセンス契約
  • 飲食業
  • 酒類販売業
  • 産業廃棄物収集運搬・処理
  • 風俗営業
  • 宅建業
  • 入札参加資格審査
  • ...
事務所:
ProfitDesign行政書士事務所
最寄り駅:
新開地駅 / 高速神戸駅 / ハーバーランド駅
住所:
兵庫県神戸市兵庫区湊町2丁目3番25-903号
武村勲 行政書士

武村勲

行政書士

ご覧になってくださり、感謝です。外国関係が得意です

元税関Gメンです。行政手続きだけでなく、刑事的な目で物事をさばきます。

  • 永住許可
  • 株式会社設立
  • 遺産整理
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 著作権
  • 自動車登録・車庫証明
  • 自動車名義変更
  • 在留資格認定証明書
  • 在留資格更新・変更
  • 在留カード交付申請
  • ...
事務所:
王子行政書士事務所
最寄り駅:
王子公園駅 / 灘駅
住所:
兵庫県神戸市灘区中原通7-1-7灘王子ハイツA3

神戸市で2名の経理・事務代行を扱う行政書士が見つかりました。新開地駅や高速神戸駅やハーバーランド駅を最寄り駅としている行政書士がいます。各種許認可申請、中小企業支援、会社設立を扱うProfitDesign行政書士事務所の西田隆博行政書士や、外国人在留・ビザを扱う王子行政書士事務所の武村勲行政書士が活躍しています。「・行政書士 ・知的資産経営認定士 大学卒業後、営業職を経て、司法書士法人、税理士法人に15年勤務。法律実務、会計実務の面から」というプロフィールの方や、「元税関Gメンです。行政手続きだけでなく、刑事的な目で物事をさばきます。」というプロフィールの方もいます。神戸市で相談してみても良いかなと感じた行政書士がいましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。行政書士もあなたのお問い合わせを待っています。

経理・事務代行

行政書士は「官公署へ提出する書類作成のプロ」として知られていますが、「事実証明に関する書類」「権利義務に関する書類」についても精通しています。例えば、毎月の記帳代行や財務諸表の作成を行うこともできます。ほかにも遺産分割協議書や内容証明、示談書、定款作成も行います。 なかでも経理業務については、法人、個人事業主を問わずおろそかにすることはできません。しかし、会計知識がない、専任の担当者がいないなどの理由から、負担の大きな業務になりがちです。しかし、経理や決算業務をしっかりと行うことで、経営状況を把握することができます。事業の成長や節税対策に活かすこともできます。 そのようなとき、もし、経理や決算業務のアウトソーシングをご検討ください。そうすることで本業に専念する時間を割くことなく、正確な経理、税務申告が実現できます。確定申告の期限が近づいてから焦ることもありません。許認可や補助金にも精通している行政書士なら、経営相談も併せて行えます。経理・事務代行を得意とする行政書士はエキテンプロで見つかります。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。