春日井市で消費者被害を扱う行政書士検索

1-2名を表示 / 全2

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
瀬川博 行政書士

瀬川博

行政書士

”先生”と呼ばないで下さい。

証券会社と葬儀社に勤めた経験から、相続の手続きや死後事務について熟知しております。高齢者の皆様が安心した老後を過ごせますように、いろ...

  • 民事信託・家族信託
  • 各種許認可申請
  • 外国人在留・ビザ
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 遺産整理
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • クーリングオフ
  • セクハラ
  • パワハラ
  • ...
事務所:
瀬川行政書士事務所
最寄り駅:
神領駅 / 春日井駅(JR) / 高蔵寺駅
住所:
愛知県春日井市下市場町3丁目3-13
浅田邦凡 行政書士

浅田邦凡

行政書士

まずはご相談を

社会福祉協議会に長く勤めていましたから、自身もケアマネを資格を持ち、介護事業申請だけでなく、日々の事業運営にもご相談に乗ります。

  • 介護保険事業者・介護サービス事業者
  • 株式会社設立
  • 合同会社設立
  • 本店移転
  • 役員変更
  • 定款・商号変更
  • 会社解散・清算結了
  • 遺産整理
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 成年後見
  • ...
事務所:
OSS行政書士事務所
最寄り駅:
神領駅 / 高蔵寺駅
住所:
愛知県春日井市出川町7丁目7番地2

春日井市で2名の消費者被害を扱う行政書士が見つかりました。神領駅や春日井駅(JR)や高蔵寺駅を最寄り駅としている行政書士がいます。遺言・遺産相続、各種許認可申請、外国人在留・ビザを扱う瀬川行政書士事務所の瀬川博行政書士や、各種許認可申請を扱うOSS行政書士事務所の浅田邦凡行政書士が活躍しています。「証券会社と葬儀社に勤めた経験から、相続の手続きや死後事務について熟知しております。高齢者の皆様が安心した老後を過ごせますように、いろ」というプロフィールの方や、「社会福祉協議会に長く勤めていましたから、自身もケアマネを資格を持ち、介護事業申請だけでなく、日々の事業運営にもご相談に乗ります。」というプロフィールの方もいます。もしも春日井市に希望の行政書士が見つからなかったら近隣のエリアも検索してみてください。多くの士業は広いエリアに対応しているので、所在地以外でも対応可能です。

消費者被害

近年、ますます手口が巧妙化する悪質商法。キャッチセールスや訪問販売だけに留まらず、劇場型勧誘、マルチ商法、モニター商法、点検商法、デート商法など、消費者を巻き込むトラブルは増加するばかりです。 例えば、点検を装った訪問販売で高額商品の購入を勧められ、断り切れずに契約をしてしまったというケース。後から解約を申し出ても、応じてもらえなかったという被害が相次いでいます。特に高齢者がターゲットになることが多く、健康や孤独に対する不安をあおり、健康食品や老人ホームの利用権を法外な値段で購入させる悪質業者も存在しています。 このような消費者被害を解決するには、専門家へ相談することをおすすめします。特に一定期間内に代金の返金を求めるクーリングオフについては、書面による確実な手続きが求められます。クーリングオフに詳しい行政書士なら、内容証明の作成から送付、その後のサポートまでまかせられます。解決できない問題にお悩みなら、いち早く消費者被害に強い行政護士へご相談ください。

行政書士についての基礎知識

行政書士を選ぶ前に要確認!費用はいくら?相場はどれくらい?

事業運営を行っていくうえで許認可を受けなければならないシーンは多くあります。行政書士に書類作成や申請手続き等を依頼する場合、心配になるのは費用です。ここでは、行政書士に依頼した場合の主な費用相場をご紹介します。

どんなことをまかせられる?行政書士へ依頼するときの流れをご紹介

許認可申請や契約書の作成を行政書士に依頼をしたいと思っても、どのような流れや手順で行われるのかわからないという経営者は少なくないでしょう。ある程度フローを把握しておくと、実際に依頼をするときにスムーズに話を進めることができるでしょう。

どう選べばいいの?失敗しない行政書士の選び方とは

行政書士というのは、非常に数が多く、業務範囲も多岐に渡るため、当たりはずれも多いといわれています。また、他の人にとってよいと感じる行政書士が自分に合うかどうかもわかりません。ここでは、行政書士を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自分でやるのと何が違う?経営者が行政書士に依頼するメリットとは

官公署へ提出する書類作成や手続きなどは、自分でも行うことができるので行政書士に依頼をする必要がないと思っている経営者も多いでしょう。しかし、経営者の手間を考えると依頼をしたほうが事業運営がスムーズになる可能性があります。