国立市で医療問題を扱う弁護士検索

1-1名を表示 / 全1

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
宇都宮隆展 弁護士

宇都宮隆展

弁護士

頼れる街の弁護士として、全力で事件に取り組みます

白内障手術の手技ミス、治験におけるプロトコル違反、肺がんの見逃し、胃がん検査のミス、救急外来における大腸穿孔の見逃し、単純イレウスの...

  • 医療問題
  • 離婚・男女問題
  • 遺言・遺産相続
事務所:
くにたち法律事務所
最寄り駅:
国立駅 / 西国分寺駅 / 谷保駅
住所:
東京都国立市中1丁目16-32国立商工振興第3ビル502号

国立市で1名の医療問題を扱う弁護士が見つかりました。国立駅や西国分寺駅や谷保駅を最寄り駅としている弁護士がいます。医療問題、離婚・男女問題、遺言・遺産相続を扱うくにたち法律事務所の宇都宮隆展弁護士が活躍しています。「東京大学法学部卒業 血液型AB型 出身地神奈川県 好きな食べ物は? 夏はうなぎ・ゴーヤ・アボカド 冬は牡蠣・ふぐ・かに 嫌」というプロフィールの方もいます。さまざまな検索条件で国立市に事務所を構える弁護士が見つかります。ぜひご活用ください。

医療問題

医療事故とは、医療現場で発生するすべての人身事故を指します。そのなかでも医療過誤は、医療従事者による人為的なミスによって健康被害が発生した事件を指します。つまり、避けることができたはずの医療事故を医療過誤といい、医療行為に不信点がある場合は患者側が原告となり医療訴訟を起こすことがあります。 医療裁判を起こすには、医療機関の過失行為を証明する必要があります。しかし、医療行為は完全ではないため、死亡や後遺症などの健康被害を防ぐことはできないものです。発生した健康被害が医療過誤にあたるのかどうか、医療的な専門的な知識が必要とされるため、患者側が証明することはとても難しいです。 医療事故、医療過誤の問題はとても複雑です。医療裁判を起こして損害賠償を請求しても、戦い抜くことは容易ではありません。ですが、同じ過ちが繰り返されることはあってはなりません。医療行為に対して、「医療ミスでは?」「医療過誤があったのでは?」と不信感を抱いたら、医療裁判に詳しい専門家へ相談しましょう。