竹下駅で医療問題を扱う弁護士検索

0

周辺の弁護士
堀向良介 弁護士

堀向良介

弁護士

【初回相談無料】福岡県での法律相談ならお任せください!

弁護士法人アドバンス福岡事務所は、福岡市のみならず福岡県内のご相談にも対応しておりますし、各事務所のネットワークを活かした全国対応も...

  • 離婚・男女問題
  • 交通事故
  • 借金・債務整理
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • ...
事務所:
弁護士法人アドバンス福岡事務所
最寄り駅:
天神駅 / 西鉄福岡駅(天神) / 天神南駅
住所:
福岡県福岡市中央区天神1-11-17 福岡ビル7F
岩橋愛佳 弁護士

岩橋愛佳

弁護士

私は大学時代に法律相談部に所属し,市民の方々の相談を受け付けていました。 その際目の前の問題に不安を抱いている方々が、自分たち...

  • 交通事故
  • 借金・債務整理
  • 離婚・男女問題
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • ...
事務所:
弁護士法人岡野法律事務所 福岡支店
最寄り駅:
天神駅 / 中洲川端駅 / 天神南駅
住所:
福岡県福岡市中央区天神三丁目10番1号天神源氏ビル5階
芳賀祐介 弁護士

芳賀祐介

弁護士

皆様が、法的トラブルに巻き込まれどうしようかと迷われたとき、弁護士に相談したいと思っても敷居が高い、怖いイメージがすると躊躇される方...

  • 交通事故
  • 借金・債務整理
  • 離婚・男女問題
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • ...
事務所:
弁護士法人岡野法律事務所 福岡支店
最寄り駅:
天神駅 / 中洲川端駅 / 天神南駅
住所:
福岡県福岡市中央区天神三丁目10番1号天神源氏ビル5階
井川原有香 弁護士

井川原有香

弁護士

法的トラブルや法的トラブルに発展しそうな心配事が存在すると、日々の暮らしの中でもどこかそのことが頭から離れず、ストレスを感じたり、不...

  • 交通事故
  • 借金・債務整理
  • 離婚・男女問題
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • ...
事務所:
弁護士法人岡野法律事務所 福岡支店
最寄り駅:
天神駅 / 中洲川端駅 / 天神南駅
住所:
福岡県福岡市中央区天神三丁目10番1号天神源氏ビル5階
佐々木光嗣 弁護士

佐々木光嗣

弁護士

歯科医療を専門とする事務所の経験を生かして対応いたします。

  • 遺言・遺産相続
  • 交通事故
  • 借金・債務整理
  • 離婚・男女問題
  • インターネットトラブル
  • 刑事事件
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 医療問題
事務所:
小畑法律事務所
最寄り駅:
大通駅
住所:
北海道札幌市中央区北1条西7丁目3おおわだビル3階

竹下駅の周辺で医療問題を扱う弁護士が見つかりました。竹下駅では福岡県弁護士会などに所属している弁護士が事務所を構えています。天神駅や西鉄福岡駅(天神)や天神南駅を最寄り駅としている弁護士がいます。離婚・男女問題、交通事故、借金・債務整理を扱う弁護士法人アドバンス福岡事務所の堀向良介弁護士や、交通事故、借金・債務整理、離婚・男女問題を扱う弁護士法人岡野法律事務所 福岡支店の岩橋愛佳弁護士や、交通事故、借金・債務整理、離婚・男女問題を扱う弁護士法人岡野法律事務所 福岡支店の芳賀祐介弁護士が活躍しています。「弁護士法人アドバンス福岡事務所は、福岡市のみならず福岡県内のご相談にも対応しておりますし、各事務所のネットワークを活かした全国対応も」というプロフィールの方や、「私は大学時代に法律相談部に所属し,市民の方々の相談を受け付けていました。 その際目の前の問題に不安を抱いている方々が、自分たち」というプロフィールの方や、「皆様が、法的トラブルに巻き込まれどうしようかと迷われたとき、弁護士に相談したいと思っても敷居が高い、怖いイメージがすると躊躇される方」というプロフィールの方もいます。竹下駅に希望の弁護士がいましたらお問い合わせフォームからご連絡してみてください。

医療問題

医療事故とは、医療現場で発生するすべての人身事故を指します。そのなかでも医療過誤は、医療従事者による人為的なミスによって健康被害が発生した事件を指します。つまり、避けることができたはずの医療事故を医療過誤といい、医療行為に不信点がある場合は患者側が原告となり医療訴訟を起こすことがあります。 医療裁判を起こすには、医療機関の過失行為を証明する必要があります。しかし、医療行為は完全ではないため、死亡や後遺症などの健康被害を防ぐことはできないものです。発生した健康被害が医療過誤にあたるのかどうか、医療的な専門的な知識が必要とされるため、患者側が証明することはとても難しいです。 医療事故、医療過誤の問題はとても複雑です。医療裁判を起こして損害賠償を請求しても、戦い抜くことは容易ではありません。ですが、同じ過ちが繰り返されることはあってはなりません。医療行為に対して、「医療ミスでは?」「医療過誤があったのでは?」と不信感を抱いたら、医療裁判に詳しい専門家へ相談しましょう。