汐留駅で消費者被害を扱う弁護士検索

1-10名を表示 / 全14

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順

萩原道雄

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 相続放棄
  • ...
事務所:
萩原道雄法律事務所
最寄り駅:
新橋駅 / 汐留駅 / 内幸町駅
住所:
東京都港区新橋2丁目20-15

森居秀彰

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
辻誠法律事務所
最寄り駅:
新橋駅 / 汐留駅 / 内幸町駅
住所:
東京都港区東新橋1丁目1-21

竹内雄一

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • ...
事務所:
銀座栄光法律事務所
最寄り駅:
汐留駅 / 新橋駅 / 築地市場駅
住所:
東京都中央区銀座8丁目12-11

岩森恒平

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
弁護士法人原田国際法律事務所汐留事務所
最寄り駅:
新橋駅 / 汐留駅 / 内幸町駅
住所:
東京都港区東新橋1-3-5久田ビル7階
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
石上法律事務所
最寄り駅:
新橋駅 / 内幸町駅 / 汐留駅
住所:
東京都港区新橋4丁目5-1

加藤桂子

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 相続放棄
  • 交通事故相談
  • ...
事務所:
増田法律事務所
最寄り駅:
新橋駅 / 汐留駅 / 内幸町駅
住所:
東京都港区新橋2丁目20-15
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
弁護士法人シーク法律事務所
最寄り駅:
新橋駅 / 内幸町駅 / 汐留駅
住所:
東京都港区新橋2丁目16-1

石上晴康

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • ...
事務所:
石上法律事務所
最寄り駅:
新橋駅 / 内幸町駅 / 汐留駅
住所:
東京都港区新橋4丁目5-1

森島崇行

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • ...
事務所:
銀座PLUS総合法律事務所
最寄り駅:
汐留駅 / 新橋駅 / 築地市場駅
住所:
東京都中央区銀座8丁目12-5

吉松倫

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
石田和雄法律事務所
最寄り駅:
新橋駅 / 内幸町駅 / 汐留駅
住所:
東京都港区新橋1丁目16-6-8

汐留駅で14名の消費者被害を扱う弁護士が見つかりました。新橋駅や汐留駅や内幸町駅を最寄り駅としている弁護士がいます。個人事業主のみなさま、経営者やバックオフィス担当者のみなさま。弁護士に相談してみませんか?汐留駅でプロを探してみましょう。

消費者被害

近年、ますます手口が巧妙化する悪質商法。キャッチセールスや訪問販売だけに留まらず、劇場型勧誘、マルチ商法、モニター商法、点検商法、デート商法など、消費者を巻き込むトラブルは増加するばかりです。 例えば、点検を装った訪問販売で高額商品の購入を勧められ、断り切れずに契約をしてしまったというケース。後から解約を申し出ても、応じてもらえなかったという被害が相次いでいます。特に高齢者がターゲットになることが多く、健康や孤独に対する不安をあおり、健康食品や老人ホームの利用権を法外な値段で購入させる悪質業者も存在しています。 詐欺被害にあっても泣き寝入りすることはありません。消費者を守る法律を味方につけることができます。クーリングオフという手段もありますし、弁護士を代理人として相手と交渉したり、裁判手続を依頼したりすることもできます。決して他人ごとではない消費者被害、解決が難しい場合は弁護士へ相談することをおすすめします。