札幌駅(JR)で教育問題を扱う弁護士検索

0

周辺の弁護士
粟生猛 弁護士

粟生猛

弁護士

迷う前にご相談ください。転ばぬさきの弁護士です。

1956年7月11日札幌市生まれ。早稲田大学法学部卒業。1990年4月札幌弁護士会登録。民事全般に対応していますが,建築関係事件 に...

  • 離婚・男女問題
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 浮気・不倫・不貞
  • 婚約破棄
  • ...
事務所:
あわお法律事務所
最寄り駅:
北18条駅 / 北13条東駅 / 北12条駅
住所:
北海道札幌市北区北17条西2丁目2-24
田端綾子 弁護士

田端綾子

弁護士

札幌西高校、一橋大学法学部卒業 2000年弁護士登録

  • 離婚・男女問題
  • 医療問題
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 浮気・不倫・不貞
  • ...
事務所:
ラベンダー法律事務所
最寄り駅:
西18丁目駅 / 西11丁目駅
住所:
北海道札幌市中央区北3条西14丁目2-2ダイアパレス北3条第2-101
野﨑真弘 弁護士

野﨑真弘

弁護士

ご自身の生活や会社運営等にお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

平穏な生活を送っていく、あるいは適切な会社運営をしていく上で、法律は不可欠なものですが、日常生活において法律を身近に意識することはそ...

  • 交通事故
  • 労働問題
  • 企業法務
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • ...
事務所:
桶谷法律事務所
最寄り駅:
西11丁目駅
住所:
北海道札幌市中央区北1条西10丁目1-15 ベストアメニティ札幌ビル6階
河本晃輔 弁護士

河本晃輔

弁護士

どのようなご相談でも懇切丁寧に対応いたします。

留萌管内(留萌市、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村)の個人及び企業の皆様から広くご依頼をお受けしています。 幅広い分野を取...

  • 遺言・遺産相続
  • 離婚・男女問題
  • 訴訟・裁判
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • ...
事務所:
オロロンひまわり基金法律事務所
最寄り駅:
留萌駅 / 大和田駅(北海道) / 藤山駅
住所:
北海道留萌市花園町2-2-13信和商事ビル2階4号室
中村憲昭 弁護士

中村憲昭

弁護士

定型的な事件よりも個別の事件処理に長けてます

数を多くこなして定型的処理を進める事務所ではありません。 むしろ、個別のニーズに応じて対応する事務所です。 刑事事件は裁判員裁判...

  • 離婚・男女問題
  • 刑事事件
  • 企業法務
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • ...
事務所:
中村憲昭法律事務所
最寄り駅:
中央区役所前駅(市電) / 西11丁目駅 / 西8丁目駅(市電)
住所:
北海道札幌市中央区南1条西10丁目

札幌駅(JR)の周辺で教育問題を扱う弁護士が見つかりました。札幌駅(JR)では札幌弁護士会などに所属している弁護士が事務所を構えています。北18条駅や北13条東駅や北12条駅を最寄り駅としている弁護士がいます。離婚・男女問題を扱うあわお法律事務所の粟生猛弁護士や、離婚・男女問題、医療問題を扱うラベンダー法律事務所の田端綾子弁護士や、交通事故、労働問題、企業法務を扱う桶谷法律事務所の野﨑真弘弁護士が活躍しています。「1956年7月11日札幌市生まれ。早稲田大学法学部卒業。1990年4月札幌弁護士会登録。民事全般に対応していますが,建築関係事件 に」というプロフィールの方や、「札幌西高校、一橋大学法学部卒業 2000年弁護士登録 」というプロフィールの方や、「平穏な生活を送っていく、あるいは適切な会社運営をしていく上で、法律は不可欠なものですが、日常生活において法律を身近に意識することはそ」というプロフィールの方もいます。札幌駅(JR)で貴方が抱える悩みを解決してくれる弁護士をぜひ検索して見つけてみてください。

教育問題

学校は勉学に励む場所であるとともに、子どもたちの人格形成や進路選択に関わる重要な場所でもあります。生徒同士はもちろん、教師、保護者、職員などとの人間関係が育まれる一方で、さまざまなトラブルが発生しています。 近年では、学級崩壊、登校拒否、教師への暴行、PTAトラブル、部活での事故、受験での不正行為が社会的な問題となっています。特に「いじめ問題」は急増しており、近年のSNSの普及との関連性を指摘する声も上がっています。文部科学省の発表によると、2016年度のいじめ認知件数は32万件を超え、過去最多となっています。 このほかにも体罰、停学・退学処分、アカデミックハラスメントなど、学校で起こる法律問題は多種多様です。しかし、子どもの将来にも関わる問題にも関わらず、先生や教育委員会の対応では解決が難しく、冷静に話し合いができない場合もあります。学校生活に不安や悩みがある場合は、学校・教育問題に詳しい弁護士への相談を検討しましょう。