二条城前駅で刑事事件を扱う弁護士検索

0

周辺の弁護士
高谷滋樹 弁護士

高谷滋樹

弁護士

「社会インフラとしての弁護士」を信念として

※個人様/企業様 両対応※  逮捕・事件に巻き込まれてしまったら、是非とも早急にご連絡ください!! 初動の対応が大切です!!...

  • 企業法務・渉外法務
  • 労働問題
  • 遺言・遺産相続
  • 刑事事件
  • その他
  • 交通事故対応
  • 借金・債務整理
  • ネットのトラブル
  • 医療トラブル
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • ...
高谷滋樹弁護士の紹介写真高谷滋樹弁護士の紹介写真
事務所:
都総合法律事務所
最寄り駅:
烏丸駅 / 四条駅(市営)
住所:
京都府京都市下京区鶏鉾町480番地オフィス-ワン四条烏丸802
淺井浩二 弁護士

淺井浩二

弁護士

 刑事事件は、特に迅速な対応・弁護士のフットワークと刑事弁護にかける熱い情熱が問われる分野です。身に覚えのない罪に問われている方々や...

  • 交通事故対応
  • 遺言・遺産相続
  • 離婚・男女問題
  • 刑事事件
  • 裁判・紛争手続き
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権調停
  • ...
事務所:
あさい総合法律事務所
最寄り駅:
鳥取駅 / 津ノ井駅 / 湖山駅
住所:
鳥取県鳥取市東品治町102鳥取駅前ビル3階
小川智史 弁護士

小川智史

弁護士

 解決策の実現のため粘り強い対応を行ない、全力を尽くします!

 刑事事件については、捜査段階での初動が大事になります。  被害者のある自白事件では被害者との示談交渉を、否認事件では被疑者の見解...

  • 交通事故対応
  • 遺言・遺産相続
  • 企業法務・渉外法務
  • 裁判・紛争手続き
  • 刑事事件
  • 交通事故相談
  • 示談交渉
  • 損害賠償
  • 交通事故慰謝料
  • 交通事故裁判
  • 自転車事故
  • ...
事務所:
神田須田町法律事務所
最寄り駅:
神田駅(東京) / 岩本町駅 / 秋葉原駅
住所:
東京都千代田区神田須田町2-25 GYB秋葉原ビル4F,5F(受付)
牛見和博 弁護士

牛見和博

弁護士

刑事弁護、被害者支援、告訴・告発など

  • 離婚・男女問題
  • 遺言・遺産相続
  • 交通事故対応
  • 借金・債務整理
  • 労働問題
  • 刑事事件
  • 企業法務・渉外法務
  • 裁判・紛争手続き
  • その他
事務所:
弁護士法人牛見総合法律事務所
最寄り駅:
山口駅(山口) / 湯田温泉駅 / 上山口駅
住所:
山口県山口市中央5丁目2-34セントラルビル5階
則竹理宇 弁護士

則竹理宇

弁護士

痴漢事件、盗撮事件、強制わいせつ事件、強姦事件などの性犯罪事件 傷害罪、暴行罪などの刑事事件

  • 刑事事件
  • 裁判・紛争手続き
  • その他
事務所:
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所大阪支部
最寄り駅:
福島駅(大阪) / 西梅田駅 / 渡辺橋駅
住所:
大阪府大阪市北区曽根崎新地2-6-12大阪小学館ビル7階

二条城前駅の周辺で刑事事件を扱う弁護士が見つかりました。二条城前駅では京都弁護士会などに所属している弁護士が事務所を構えています。烏丸駅や四条駅(市営)を最寄り駅としている弁護士がいます。企業法務・渉外法務、労働問題、遺言・遺産相続、刑事事件、その他、交通事故対応、借金・債務整理、ネットのトラブル、医療トラブルを扱う都総合法律事務所の高谷滋樹弁護士や、交通事故対応、遺言・遺産相続、離婚・男女問題、刑事事件、裁判・紛争手続きを扱うあさい総合法律事務所の淺井浩二弁護士や、交通事故対応、遺言・遺産相続、企業法務・渉外法務、裁判・紛争手続き、刑事事件を扱う神田須田町法律事務所の小川智史弁護士が活躍しています。「■御挨拶 法律相談を受けたとき、 「もっと早くに相談しておけば良かった」 「弁護士は、敷居が高く感じるので相談できなかった」 」というプロフィールの方や、「・略歴 昭和48年生まれ 京都大学 法学部 卒業 神戸大学大学院法学研究科 修了 司法研修所(63期鳥取修習) 修了 鳥取」というプロフィールの方や、「 事務所アクセスは、東京メトロ日比谷線秋葉原駅5番出口を出て神田川を渡リ最初の交差点を右折してすぐ、1階にカフェがあるビルになります」というプロフィールの方もいます。もしも二条城前駅に希望の弁護士が見つからなかったら近隣のエリアも検索してみてください。多くの士業は広いエリアに対応しているので、所在地以外でも対応可能です。

刑事事件

刑事事件とは、傷害、窃盗、痴漢、薬物など、刑法などの法律によって刑罰を与えることになる事件を指します。捜査機関である警察が事件を捜査し、検察官が処罰を求めて起訴することになります。犯罪行為をしたと疑われる者は「被告人」となり、裁判の際には「弁護人」として弁護士がつきます。 刑罰を決める際は、犯行の悪質性や被害の大きさ、被害者感情など、多くの要素を考慮して判断されます。法律の専門家である弁護士は、被告人の言い分を法律的な根拠に基づいて裁判官に伝え、正当な判決が下されるように手助けをする役割があります。また、弁護士は被告人の利益を守る立場にあるため、ひとつひとつの手続きを相談しながら進めることができます。 どのような手続きが必要になるかはケースによって異なるので、刑事事件を起こしてしまった場合は、専門的な知識を持った弁護士へ相談しましょう。また、弁護士次第で結果が変わることもあり得るため、刑事事件の経験が豊富な弁護士を選ぶことも大切です。