水野駅で医療問題を扱う弁護士検索

0

周辺の弁護士
鈴木和貴 弁護士

鈴木和貴

弁護士

名古屋駅徒歩5分・分かりやすく丁寧に説明させていただきます。

当事務所では社会福祉法人の監事をつとめ、また、介護事業主様向けセミナーを開催するなど、介護問題に注力しております。 介護事故、入所...

  • 遺言・遺産相続
  • 医療問題
  • 離婚・男女問題
事務所:
鴻陽法律事務所
最寄り駅:
国際センター駅 / 名古屋駅 / 名鉄名古屋駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅3丁目23番地2 第3千福ビル7階
水野健司 弁護士

水野健司

弁護士

ていねいに事情をお聴きして、真の解決を目指します。

【医師と連携し、適切な手続きを行います】 病院側の不注意や説明不足などにより生じた事故や障害、 または治療内容に疑問が残る場合に...

  • 企業法務
  • 労働問題
  • 離婚・男女問題
  • 医療問題
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • ...
事務所:
水野健司特許法律事務所
最寄り駅:
伏見駅(愛知) / 丸の内駅(愛知) / 大須観音駅
住所:
愛知県名古屋市中区栄二丁目2番17号名古屋情報センタービル7A
早川真一 弁護士

早川真一

弁護士

父の,母の遺産相続 父母の安心 債務最大8割カットの個人再生

昭和37年,豊川市で生まれる。 昭和63年 司法試験合格(旧司法試験,合格者は年間500人のみ)。 司法修習を経て,京都地裁判事...

  • 債務整理
  • 遺言・遺産相続
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 浮気・不倫・不貞
  • ...
事務所:
フローラ法律事務所
最寄り駅:
六名駅 / 男川駅 / 東岡崎駅
住所:
愛知県岡崎市竜美南1丁目1-32
大久保守博 弁護士

大久保守博

弁護士

私は、昭和36年、四国の香川県に生まれ、大学入学まで香川県で生活しました。 その後、昭和56年、早稲田大学政治経済学部政治学科に入...

  • 交通事故
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 浮気・不倫・不貞
  • 婚約破棄
  • ...
事務所:
あいわ法律事務所弁護士法人
最寄り駅:
国際センター駅 / 名鉄名古屋駅 / 名古屋駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅5-30-1いちご名駅ビル2階
高岡伸匡 弁護士

高岡伸匡

弁護士

わかりやすく、話しやすい弁護士であることを心がけています。

いつ当事者になってもおかしくない交通事故。 ご相談者の不安に寄り添い、共に、より良い解決策を模索し、実現します。 わかりやすく、...

  • 示談交渉
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 浮気・不倫・不貞
  • 婚約破棄
  • ...
事務所:
高岡・石塚法律事務所
最寄り駅:
丸の内駅(愛知) / 伏見駅(愛知) / 久屋大通駅
住所:
愛知県名古屋市中区丸の内2-10-19市川ビル7階

水野駅の周辺で医療問題を扱う弁護士が見つかりました。水野駅では愛知県弁護士会などに所属している弁護士が事務所を構えています。国際センター駅や名古屋駅や名鉄名古屋駅を最寄り駅としている弁護士がいます。遺言・遺産相続、医療問題、離婚・男女問題を扱う鴻陽法律事務所の鈴木和貴弁護士や、企業法務、労働問題、離婚・男女問題、医療問題、その他を扱う水野健司特許法律事務所の水野健司弁護士や、借金・債務整理、遺言・遺産相続を扱うフローラ法律事務所の早川真一弁護士が活躍しています。「私は2007年に弁護士登録をし、2011年に鴻陽法律事務所を開設いたしました。 弁護士登録をして以来、医療事故、交通事故、相続問題」というプロフィールの方や、「迅速かつ柔軟な対応を心掛け、目先の損害・利益にこだわらず、 将来を見据えた”長期的な視点”から事業繁栄・発展のお手伝いをいたします」というプロフィールの方や、「昭和37年,豊川市で生まれる。 昭和63年 司法試験合格(旧司法試験,合格者は年間500人のみ)。 司法修習を経て,京都地裁判事」というプロフィールの方もいます。水野駅で相談してみても良いかなと感じた弁護士がいましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。弁護士もあなたのお問い合わせを待っています。

医療問題

医療事故とは、医療現場で発生するすべての人身事故を指します。そのなかでも医療過誤は、医療従事者による人為的なミスによって健康被害が発生した事件を指します。つまり、避けることができたはずの医療事故を医療過誤といい、医療行為に不信点がある場合は患者側が原告となり医療訴訟を起こすことがあります。 医療裁判を起こすには、医療機関の過失行為を証明する必要があります。しかし、医療行為は完全ではないため、死亡や後遺症などの健康被害を防ぐことはできないものです。発生した健康被害が医療過誤にあたるのかどうか、医療的な専門的な知識が必要とされるため、患者側が証明することはとても難しいです。 医療事故、医療過誤の問題はとても複雑です。医療裁判を起こして損害賠償を請求しても、戦い抜くことは容易ではありません。ですが、同じ過ちが繰り返されることはあってはなりません。医療行為に対して、「医療ミスでは?」「医療過誤があったのでは?」と不信感を抱いたら、医療裁判に詳しい専門家へ相談しましょう。