名鉄名古屋駅で訴訟・裁判を扱う弁護士検索

1-7名を表示 / 全7

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
和泉憲明 弁護士

和泉憲明

弁護士

相続・交通事故・不動産トラブル・離婚などを中心とした家事事件や一般民事事件、及び契約書作成(ソフトウェアベンダー契約を含む)・売掛金...

  • 遺産分割協議
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 離婚調停
  • 浮気・不倫・不貞
  • 婚約破棄
  • 相続登記
  • 遺言書
  • ...
事務所:
名駅南法律事務所
最寄り駅:
国際センター駅 / 近鉄名古屋駅 / 名鉄名古屋駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目24-5
大久保守博 弁護士

大久保守博

弁護士

私は、昭和36年、四国の香川県に生まれ、大学入学まで香川県で生活しました。 その後、昭和56年、早稲田大学政治経済学部政治学科に入...

  • 交通事故
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 養育費
  • 親権
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 浮気・不倫・不貞
  • 婚約破棄
  • ...
事務所:
あいわ法律事務所弁護士法人
最寄り駅:
国際センター駅 / 名鉄名古屋駅 / 名古屋駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅5-30-1いちご名駅ビル2階
岩田崇仁 弁護士

岩田崇仁

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 相続放棄
  • 交通事故相談
  • ...
事務所:
名駅南法律事務所
最寄り駅:
国際センター駅 / 近鉄名古屋駅 / 名鉄名古屋駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目24-5

筒井康之

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • ...
事務所:
筒井法律事務所
最寄り駅:
名古屋駅 / 名鉄名古屋駅 / 近鉄名古屋駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅2丁目44-5

榎木貴之

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 相続放棄
  • ...
事務所:
榎木法律事務所
最寄り駅:
国際センター駅 / 近鉄名古屋駅 / 名鉄名古屋駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7西柳パークビル2階

小澤尚記

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • ...
事務所:
名駅総合法律事務所
最寄り駅:
名古屋駅 / 国際センター駅 / 名鉄名古屋駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅3-16-4太陽生命名駅ビル7階
  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • ...
事務所:
清水綜合法律事務所
最寄り駅:
名古屋駅 / 名鉄名古屋駅 / 国際センター駅
住所:
愛知県名古屋市中村区名駅3丁目26-19

名鉄名古屋駅で7名の訴訟・裁判を扱う弁護士が見つかりました。国際センター駅や近鉄名古屋駅や名鉄名古屋駅を最寄り駅としている弁護士がいます。遺言・遺産相続を扱う名駅南法律事務所の和泉憲明弁護士や、交通事故を扱うあいわ法律事務所弁護士法人の大久保守博弁護士が活躍しています。「相続・交通事故・不動産トラブル・離婚などを中心とした家事事件や一般民事事件、及び契約書作成(ソフトウェアベンダー契約を含む)・売掛金」というプロフィールの方や、「私は、昭和36年、四国の香川県に生まれ、大学入学まで香川県で生活しました。 その後、昭和56年、早稲田大学政治経済学部政治学科に入」というプロフィールの方もいます。あなたがいま悩んでいる税務、法務、労務についてまずは気軽に相談してみませんか?名鉄名古屋駅でも弁護士を探してみましょう。

訴訟・裁判

法的トラブルを解決するには、裁判だけでなく、調停など裁判外で行う手続き(ADR)があります。調停とは、当事者同士が話し合いでトラブル解決を目指すものです。申し立ても簡単で、弁護士を代理人とすることもできます。調停で合意に至らなかった場合は、審判や裁判で決着することになります。また、審判や裁判によって言い渡された判決などに不服である場合は、さらに上の裁判所へ上訴することができます。 民事訴訟は内容によっていくつかに分類することができます。個人間の紛争で、主に財産権に関する訴訟は「通常訴訟」といいます。紛争の訴額が60万円までの場合は「少額訴訟」となり、通常の裁判より早い解決になることが一般的です。その他にも「手形小切手訴訟」や「人事訴訟」、「行政事件訴訟」があります。 民事裁判の手続きには法律的な知識が必要になることもあるため、不利な結果とならないように弁護士へ相談することをおすすめします。裁判・紛争手続きに詳しい弁護士はエキテンプロで見つかります。