静岡県で医療問題を扱う弁護士検索

1-10名を表示 / 全17

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順

阿部浩基

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • B型肝炎
  • 薬害
  • 副作用
事務所:
静岡合同法律事務所
最寄り駅:
新静岡駅 / 静岡駅 / 日吉町駅
住所:
静岡県静岡市葵区両替町1丁目4-5

家本誠

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • ...
事務所:
静岡合同法律事務所
最寄り駅:
新静岡駅 / 静岡駅 / 日吉町駅
住所:
静岡県静岡市葵区両替町1丁目4-5

池田剛志

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • ...
事務所:
静岡法律事務所
最寄り駅:
新静岡駅 / 日吉町駅 / 静岡駅
住所:
静岡県静岡市葵区馬場町43-1

鈴木悠太

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • ...
事務所:
岡島法律事務所
最寄り駅:
遠州病院駅 / 第一通り駅 / 八幡駅(静岡)
住所:
静岡県浜松市中区中央1丁目8-25

仙道朋也

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • ...
事務所:
岡島法律事務所
最寄り駅:
遠州病院駅 / 第一通り駅 / 八幡駅(静岡)
住所:
静岡県浜松市中区中央1丁目8-25

植松真樹

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 詐欺被害
  • B型肝炎
  • 薬害
  • 副作用
事務所:
静岡法律事務所
最寄り駅:
新静岡駅 / 日吉町駅 / 静岡駅
住所:
静岡県静岡市葵区馬場町43-1

内山宙

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • ...
事務所:
宙法律事務所
最寄り駅:
静岡駅 / 新静岡駅 / 日吉町駅
住所:
静岡県静岡市駿河区南町10-6村上駅南ビル2階

櫻田和也

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • ...
事務所:
櫻田和也法律事務所
最寄り駅:
静岡駅 / 日吉町駅 / 新静岡駅
住所:
静岡県静岡市駿河区森下町1-30

間光洋

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • ...
事務所:
日出町法律事務所
最寄り駅:
音羽町駅 / 日吉町駅 / 春日町駅
住所:
静岡県静岡市葵区日出町5-3

岡島順治

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • ...
事務所:
岡島法律事務所
最寄り駅:
遠州病院駅 / 第一通り駅 / 八幡駅(静岡)
住所:
静岡県浜松市中区中央1丁目8-25

静岡県で17名の医療問題を扱う弁護士が見つかりました。新静岡駅や静岡駅や日吉町駅を最寄り駅としている弁護士がいます。静岡県で相談してみても良いかなと感じた弁護士がいましたら、ぜひ気軽にお問い合わせください。弁護士もあなたのお問い合わせを待っています。

医療問題

医療事故とは、医療現場で発生するすべての人身事故を指します。そのなかでも医療過誤は、医療従事者による人為的なミスによって健康被害が発生した事件を指します。つまり、避けることができたはずの医療事故を医療過誤といい、医療行為に不信点がある場合は患者側が原告となり医療訴訟を起こすことがあります。 医療裁判を起こすには、医療機関の過失行為を証明する必要があります。しかし、医療行為は完全ではないため、死亡や後遺症などの健康被害を防ぐことはできないものです。発生した健康被害が医療過誤にあたるのかどうか、医療的な専門的な知識が必要とされるため、患者側が証明することはとても難しいです。 医療事故、医療過誤の問題はとても複雑です。医療裁判を起こして損害賠償を請求しても、戦い抜くことは容易ではありません。ですが、同じ過ちが繰り返されることはあってはなりません。医療行為に対して、「医療ミスでは?」「医療過誤があったのでは?」と不信感を抱いたら、医療裁判に詳しい専門家へ相談しましょう。