熊谷市で刑事事件を扱う弁護士検索

1-8名を表示 / 全8

並び順

  • 通常順
    最適なプロを検索できるよう、検索条件にあったプロのうち、相談事例/実績などの情報を掲載しているプロを優先的に表示しています。
  • 更新順
開山憲一 弁護士

開山憲一

弁護士

検察官、訟務検事、公証人等を経て平成25年12月に弁護士登録をしました。

  • 訴訟・裁判
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • ...
事務所:
埼玉イージス法律事務所
最寄り駅:
熊谷駅 / 上熊谷駅 / 石原駅(埼玉)
住所:
埼玉県熊谷市本町2-76-1LBビル2階A号室
生井澤葵 弁護士

生井澤葵

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 相続放棄
  • ...
事務所:
こばと法律事務所
最寄り駅:
熊谷駅 / 上熊谷駅 / 石原駅(埼玉)
住所:
埼玉県熊谷市筑波2-56-3渡辺総合ビル3階
小林誠 弁護士

小林誠

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
こばと法律事務所
最寄り駅:
熊谷駅 / 上熊谷駅 / 石原駅(埼玉)
住所:
埼玉県熊谷市筑波2-56-3渡辺総合ビル3階
齋藤宏樹 弁護士

齋藤宏樹

弁護士

  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
こばと法律事務所
最寄り駅:
熊谷駅 / 上熊谷駅 / 石原駅(埼玉)
住所:
埼玉県熊谷市筑波2-56-3渡辺総合ビル3階

丸山博久

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • ...
事務所:
まるやま法律事務所
最寄り駅:
熊谷駅 / 上熊谷駅 / 石原駅(埼玉)
住所:
埼玉県熊谷市本町1-62M&Aビル本町4階

井野和幸

弁護士

  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
井野和幸法律事務所
最寄り駅:
熊谷駅 / 上熊谷駅 / 石原駅(埼玉)
住所:
埼玉県熊谷市宮町2丁目174-3

野口英明

弁護士

  • 離婚相談
  • 離婚慰謝料
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 離婚調停
  • 離婚回避
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 相続登記
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • ...
事務所:
野口英明法律事務所
最寄り駅:
上熊谷駅 / 熊谷駅 / 石原駅(埼玉)
住所:
埼玉県熊谷市仲町10
  • 遺言書
  • 遺産分割協議
  • 交通事故相談
  • 交通事故慰謝料
  • 自転車事故
  • 詐欺被害
  • ひき逃げ
  • 当て逃げ
  • 過失割合
  • 後遺障害
  • 人身事故
  • 物損事故
事務所:
波多野法律事務所
最寄り駅:
熊谷駅 / 上熊谷駅 / 石原駅(埼玉)
住所:
埼玉県熊谷市筑波2丁目13

熊谷市で8名の刑事事件を扱う弁護士が見つかりました。熊谷駅や上熊谷駅や石原駅(埼玉)を最寄り駅としている弁護士がいます。訴訟・裁判を扱う埼玉イージス法律事務所の開山憲一弁護士が活躍しています。「検察官、訟務検事、公証人等を経て平成25年12月に弁護士登録をしました。」というプロフィールの方もいます。熊谷市に希望の弁護士がいましたらお問い合わせフォームからご連絡してみてください。

刑事事件

刑事事件とは、傷害、窃盗、痴漢、薬物など、刑法などの法律によって刑罰を与えることになる事件を指します。捜査機関である警察が事件を捜査し、検察官が処罰を求めて起訴することになります。犯罪行為をしたと疑われる者は「被告人」となり、裁判の際には「弁護人」として弁護士がつきます。 刑罰を決める際は、犯行の悪質性や被害の大きさ、被害者感情など、多くの要素を考慮して判断されます。法律の専門家である弁護士は、被告人の言い分を法律的な根拠に基づいて裁判官に伝え、正当な判決が下されるように手助けをする役割があります。また、弁護士は被告人の利益を守る立場にあるため、ひとつひとつの手続きを相談しながら進めることができます。 どのような手続きが必要になるかはケースによって異なるので、刑事事件を起こしてしまった場合は、専門的な知識を持った弁護士へ相談しましょう。また、弁護士次第で結果が変わることもあり得るため、刑事事件の経験が豊富な弁護士を選ぶことも大切です。